ビタミンB」「鉄分」「糖質制限」でうつ病は予防できる

うつ病は一般には「心の病」と思われ、精神科医の領分とされてきたので、曖昧で扱いづらいイメージをおもちの方もたくさんいらっしゃるはずだ。そこに、食事面からアプローチするのが、新宿溝口クリニックの溝口徹氏である。 溝口氏は、うつ病をはじめとした、いわゆる精神病に「栄養学」の観点からアプローチする。ではどうしたら、うつ病は予防できるのだろうか。

・脳内物質の材料になる栄養を、たっぷりとろう

「いくつかの重要な栄養素が不足すると、脳内物質の分泌に支障が起こり、うつ病になりやすいのです」

現代は「一人で抱え込む」ことの多い「ストレス社会」である。 また、うつ病とまではいかなくても、何となく落ち込む、やる気が出ない、集中できないといった精神面のアップダウンは、誰にでも経験のあることだろう。

うつ病は一般には「心の病」と思われ、精神科医の領分とされてきたので、曖昧で扱いづらいイメージをおもちの方もたくさんいらっしゃるのではないだろうか。 社会的には「気合で治せ」だとか、下手をすれば「打たれ弱い人」「社会不適合者」の烙印を押されてしまう。

そこに、食事面からアプローチするのが、新宿溝口クリニックの溝口徹氏である。 溝口氏は、うつ病をはじめとした、いわゆる精神病に「栄養学」の観点からアプローチする。ではどうしたら、うつ病は予防できるのだろうか。 あるいはもし、うつっぽくなったときに、真っ先に行うべきことは何だろうか。

「それは、ビタミンB群と鉄分をたっぷりとること。そしてごはんやパンといった糖質のドカ食いをやめることです」

栄養学でとらえれば、うつ病は、私たちが「気持ちの問題」などとイメージしているほど曖昧なものではなく、生活習慣の中で主体的かつ具体的に予防・対処できる病気なのだという。 それでは、まず栄養学から見たうつ病の発生メカニズムを理解し、続いてその予防・改善方法を見ていこう。

専門家が簡単解説!「うつ病」の仕組み

・うつ病は、脳内物質の分泌異常

「うつ病は精神病といわれるが、その精神を司っているのは脳です。やる気、集中力、安心感、幸福感などは、すべて脳内の神経伝達物質の分泌によって高められたり、抑えられたりします」と溝口氏は説明する。 こうした神経伝達物質の分泌が過剰になったり、極端に減ったり、あるいはバランスが崩れたりすると、うつ病になってしまうという。

ビタミンB群と鉄が足りないと、脳内物質も不足するでは、どんなときに脳内物質の分泌がおかしくなるのかというと、要因の一つが、ビタミンB群の不足である。 実は多くの脳内物質の主材料がビタミンB群であり、したがってビタミンB群が不足すると、脳内物質が正常に分泌されなくなってしまうのだ。

「現代人は、常にさまざまなストレスにさらされています。マルチタスクに追われて、ずっと集中していなくてはいけないし、上司とウマが合わなかったり、恋人に振られたりと、公私共に人間関係の悩みも多いです。 こうしたストレスへ対抗するためにも、脳内物質が分泌されます。つまり、大量のビタミンB群が使われた末に枯渇すると、エンジンが切れるように、うつ傾向に陥ってしまうのです」

もう一つ、うつ病の元になるのは「鉄」不足。セロトニンやドーパミンといった脳内物質の生成には「鉄」も必要だからだ。 特に月経で定期的に血を失う女性の場合、集中できない、満たされない、といった落ち込みの原因は、ビタミンB群不足と並んで鉄不足である可能性が高いようである。 「うつ病」のような心の病は、心理的アプローチだけでなく、食べ物を通じた改善も可能なのだ。ここからは、食事を用いた最強の「うつ病予防食品」の極意を学んでいこう。

【うつ病予防の極意1】 「豚肉」「カツオ」「ナッツ」で「ビタミンB群」を補給しよう —「栄養不足」は見た目ではわからない

・「いい体格」でも「栄養不足」は多い—ビタミンBは、野菜よりも肉に豊富

うつ病の一大要因は、脳内物質の材料となる栄養の不足、中でもビタミンB群と鉄分が重要だと我々は学んだ。 では具体的に、どんなものを食べればこれらの栄養素を補給できるのだろうか。まずはビタミンB群から見ていこう。

「栄養についてはいろいろと誤解があります。まずカロリー=栄養ではないということを知っておく必要があります。一見、体格がよくて栄養状態がよさそうな人でも、実は栄養不足、ということは多いのです」

たくさん食べれば必要な栄養素が補われるわけではないのだ。かといって、「ビタミン=フルーツや野菜」というのも、実は誤解のもとだという。

「確かにビタミンCやカロテノイドは野菜やフルーツに豊富ですが、ビタミンB群が豊富なのは、実は動物性食品。特に豚肉に多く含まれています。魚ではカツオ、強いて非動物性食品も挙げるとナッツ類ですね」

となると、たとえばダイエットで肉を断ち、野菜や果物ばかり食べるのは、うつ病リスクを高めてしまうのだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

最高の自分を引き出す超・具体的実践法

この連載について

初回を読む
最強の健康法 ベスト・パフォーマンス編

ムーギー・キム

【これで健康本は最終決着!「朝起きて夜寝るまで、本当に効果のある毎日の健康習慣とは?」】 50人を超える一流の名医・健康専門家オールスターチームが集結! 最強の信頼性を担保するべく、 東大医学部で教鞭をとる中川恵一氏と、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nakama_crst ビタミンBと鉄分摂取でうつ病退治!! https://t.co/wiRpDjSWiD #うつ病 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

beautybeauty15 #美容 #美白 #女子力アップ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

beautybeauty15 #美容 #美白 #女子力アップ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

iyashibiimu いくつかの重要な栄養素が不足すると、脳内物質の分泌に支障が起こり、うつ病になりやすい https://t.co/tWWhqZvB6l 約2ヶ月前 replyretweetfavorite