第11回】不動産投資の東京裏情報マップ(主要駅・路線別)

数字からだけでは浮かび上がってこない不動産投資の裏情報が満載のマップを、首都圏を中心に1500件もの物件をちぇっくするというコアプラス・アンド・アーキテクチャーズの玉川陽介代表取締役の協力を仰ぎ作成した。各街でトップクラスの人気を誇る、値下がりしにくい高級マンション情報と共にお届けする。

 いざ個人で不動産の現物投資にチャレンジするとなると、最も悩むのが場所選びだ。

 どの街の物件を買うのが得策なのか。数千万円から数億円もする一大投資であり、ハズレくじは絶対に避けたいところ。都心、駅近が鉄則なのはわかっているが、街ごとにその特性は大きく違ってくるらしい。そこで、首都圏を中心に1500件もの物件をチェックするというコアプラス・アンド・アーキテクチャーズの玉川陽介代表取締役に協力を仰ぎ、現物投資で押さえておくべき街をピックアップした。
 

(1)渋谷

 渋谷ヒカリエ、東急東横線と副都心線の相互直通運転の開始と、ますます注目のエリア。ITベンチャー企業が拠点を構えることも多く、実需マンションや一棟マンションよりも、事務所、店舗など商業施設への投資が検討できる街。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
不動産マネー動く 【3】~初めての不動産投資

週刊ダイヤモンド

手軽に投資できるREITに比べれば簡単ではないが、アパート経営など、現物の不動産投資もうまくやれば大きな収益源に成長する。成功のためのノウハウを解説する。

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません