お悩みの際には、路地を歩いて“ちまき”を探すが吉

「最高に無駄の詰まった雑誌」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第12弾のテーマは「京都が大好き!」。日常の意外な発見が大好きな「ケトル」が見つけた京都のツボをご紹介します。ぜひ二冊目の“ガイドブック”として活用をしてくださいね!(『ケトル』vol.12より)

今すぐ厄よけ希望のあなた

民家の玄関先に下がっている笹飾りに注目!

その名は「ちまき」

食べ物じゃなくて、祇園祭の期間にだけ市内の山鉾(やまぼこ)のお会所や八坂神社で販売される、厄よけのお守りです。

すべての粽には「蘇民将来子孫也」の護符が。「うちはあの蘇民将来の子孫なんで!」と疫病神に対して先手を打つ作戦です

その昔、蘇民将来という貧しい男の家を訪れた八坂神社のご祭神・牛頭天王が、精一杯もてなしてくれた蘇民へのお礼に、「お前の子孫は末代まで病気や災いから護ってあげる。目印に〝茅の輪(茅巻き)〞をつけておきなさい」と残して去ったという逸話がその由来。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
京都が大好き!

ケトル

「最高に無駄の詰まった雑誌」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第12弾のテーマは「京都が大好き!」。日常の意外な発見が大好きな「ケトル」が見つけた京都のツボをご紹介します。ぜひ二冊目の“ガイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード