レズ風俗キャストを募集したら、応募電話が殺到!

25歳のときに会社員から転身して、レズ風俗店をオープン。大阪「レズっ娘クラブ」の代表で、『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』(WAVE出版)著書でもある御坊さんにとって、まず最初の課題は「求人」でした。キャストとして働いてくれる女性がいなければ開店できない。でも、全国でもまだめずらしいお店だけに、働きたい人がいるのかどうかもわからない。おそるおそる求人広告を出してみたところ……。

来るんかなぁ、それともぜんぜん来ぃひんのかなぁ……。求人については想像すらつかない状態でした。が、風俗店経営の第一関門が人材確保だということを、僕はこれまで関わってきた仕事でよく知っていました。何ごともスタートが肝心、どうか集まってくれますように。祈るような気持ちで、お金を払ってビアン情報サイトと無料配布の求人情報誌に求人広告を出しました。

そしたらなんと、電話が鳴りやまない!

いえ、僕の体感としては電話がずっと鳴りつづけていたに等しかったのですが、実際のところは1日5、6件でした。それでも僕としては上出来も上出来。レズ風俗で働きたい女性がこんなにおるんや! というのは新鮮かつ、うれしい驚きでした。

「すぐに働きたい」というよりも、どんなことをするのかを問い合わせる電話も多かったのですが、人が集まらずにオープンを待たずして頓挫した風俗店をいくつも見てきた僕をハイにするには十分でした。

レズ風俗店で働く女性には、常にリスクがある。

だから、働きたいといってきた女性はとにかく全員採用! オープンした月の末日には、20名が在籍していました。2018年現在よりも多くのキャストを抱えていただなんて、驚くというより肝が冷えます。この段階ではお客様が来るのか来ないのか、何もわかっていないのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

レズ風俗店でキャストとして働きたい女性、客として利用したい女性、それぞれのリアル

この連載について

初回を読む
すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

御坊

レズ風俗店ーー多くの人にとって、耳慣れない言葉でしょう。女性が女性に性サービスをするデリヘル店は全国的に少しずつ増えてきていますが、なかでも際立っているのが大阪ミナミを拠点とした「レズっ娘クラブ」。利用する女性にはレズビアン、バイセク...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

BackdoorWork すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。 https://t.co/pjEPdN9seb 1年以上前 replyretweetfavorite

usuta2011 レズ風俗店で働く女性を募集したら、応募者殺到でうれしい悲鳴! あら^〰️ https://t.co/9ocNaFoQ3Q #スマートニュース 1年以上前 replyretweetfavorite

bumpofbabys #スマートニュース 1年以上前 replyretweetfavorite