京都で一番読書がはかどるのは喫茶葦島のカウンターです

「最高に無駄の詰まった雑誌」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第12弾のテーマは「京都が大好き!」。日常の意外な発見が大好きな「ケトル」が見つけた京都のツボをご紹介します。ぜひ二冊目の“ガイドブック”として活用をしてくださいね!(『ケトル』vol.12より)

リピートしたい街だからこそ

何度も行きたい「お気に入り」を探すのが京都通の使命です。

お店は三条河原町交差点のビル5階にあります。エレベーターに乗った瞬間、珈琲の香りが漂ってきて葦島ワールドに引きこまれます!

なかでも読書好きなら、絶対気に入るのが喫茶葦島(あしじま)。

元サラリーマンのマスター・佐々木さんは、中学生のときに叔父さんが入れてくれたネル・ドリップのコーヒーの味に感動して以来、独学でコーヒーの入れ方を学んできた生粋のコーヒーマニア(失礼!)。

コーヒー好きすぎて、いろんな喫茶店に通ってきたからこそ、「自分にとっての究極の喫茶店」を体現すべくこのお店を始めたそうです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
京都が大好き!

ケトル

「最高に無駄の詰まった雑誌」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第12弾のテーマは「京都が大好き!」。日常の意外な発見が大好きな「ケトル」が見つけた京都のツボをご紹介します。ぜひ二冊目の“ガイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード