日本一長い(かもな)住所で京都人の苦労を想像しよう

「最高に無駄の詰まった雑誌」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第12弾のテーマは「京都が大好き!」。日常の意外な発見が大好きな「ケトル」が見つけた京都のツボをご紹介します。ぜひ二冊目の“ガイドブック”として活用をしてくださいね!(『ケトル』vol.12より)

それは今回の取材に先立って

京都市内を隈なく歩いてリサーチに没頭していた時のこと。

とある店にたどり着くことができず、藁をもつかむ思いで目の前の住宅の住所表示に目を向けたその瞬間、全身に疲れが駆け巡りました。

「東山区三条通南二筋目白川筋西入二丁目北木之元町」

赤茶に錆びた「フジイダイマル」の広告入りの表示板に書かれていた住所が、長い...。

「京都府京都市」を頭に付ければ、その文字数は29文字!

さらに番地やマンション名などを入れようものなら、社会生活に支障を来します!

人がすれ違うのも難しそうな細い路地に、昔ながらの総菜屋さんやお豆腐屋さんが立ち並ぶ「古川町商店街」にも近い静かな住宅街です

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
京都が大好き!

ケトル

「最高に無駄の詰まった雑誌」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第12弾のテーマは「京都が大好き!」。日常の意外な発見が大好きな「ケトル」が見つけた京都のツボをご紹介します。ぜひ二冊目の“ガイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード