異性愛者女性、既婚女性がレズ風俗を利用する理由

大阪の「レズっ娘クラブ」は、利用者の「セクシャリティ」を制限していません。代表の御坊さんは開店当初、当然のように「レズビアンやバイセクシャルの女性がお客さまになるんやろな」と考えていました。が、フタを開けてみると異性愛者(ストレート、ノンケ)の女性が意外に多くて、キャストとともに驚いたそうです。なかには男性パートナーに「レズ風俗店に行ってくるね」と公言したうえでお店を利用する女性もいるのだとか。

“レズ風俗”と謳ってはいますが、ウチでは利用される女性のセクシャリティにも制限を設けていません。レズ風俗は、レズビアンのお客様専用風俗ではないということです。もちろん、「私はレズビアン(ビアン)」と自認されているお客様は少なくなく、異性同性ともに恋愛、性の対象となるバイセクシャル(バイ)の方もいます。

お客様アンケートでセクシャリティについて尋ね、次のような結果を得ました。

レズビアン 約16%

バイセクシャル 約79%

わからない 約1%

無回答 約4%

すべてのお客様がアンケートに回答してくださったわけではないですし、2回以上ご利用いただいている方が中心なので、必ずしもこれがウチのお店を利用されている女性の全体像とはいえません。

でも、ビアンの女性、バイの女性が大半を占めるというのは、多くの方の予想どおりだと思います。僕も、お店を起ち上げた当初はそうなるだろうと考えていました。

異性愛者が多い事実に、キャストもびっくり

一方で、アンケートに表れていませんが、好きになるのもセックスするのも異性、つまりは男性であるという異性愛者、ヘテロセクシャルの女性にも少なからずご利用いただいています。

ビアン&バイの女性たちのあいだで、「ストレート」「ノンケ」といわれる存在です。

なかには男性の恋人、もしくは夫がいながら当店を利用される方もいます。これは僕にとって、想定外のことでした。

でもレズ風俗店を10年続けているうちに、なんとなくわかってきました。女性にとって“性の相手が女性”というのは、それほど違和感がないものなのだろう、ということが。それはキャストも同様で、ウチで働くようになって意外に思ったことを尋ねると「ビアンやバイのお客様だけだと思っていたけど、ノンケ女性のお客様も多かったこと」と返ってきます。

聞くところによると、次のようなパターンが多いようです。

夫に打ち明け、快く見送られてレズ風俗店へ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ビアンもバイもノンケも。すべての女性に「レズ風俗」という選択肢があります。

この連載について

初回を読む
すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

御坊

レズ風俗店ーー多くの人にとって、耳慣れない言葉でしょう。女性が女性に性サービスをするデリヘル店は全国的に少しずつ増えてきていますが、なかでも際立っているのが大阪ミナミを拠点とした「レズっ娘クラブ」。利用する女性にはレズビアン、バイセク...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fujiiyujiro レズ風俗は浮気にならないっていう考え方があるのか、逆だとゲイ風俗もそうなるの? 4ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 旦那さんに「同性相手ならノーカウント」タイプが結構いるんだな……。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

sabochin またこの記事読んでるけど興味深い。レズビアンの人だと浮気になっちゃうのかな?感覚的に 4ヶ月前 replyretweetfavorite