​デートの誘い方の基礎

恋人が欲しいなあと思っていても、まずは誰かとデートをしないことに始まりません。そこでどう誘えばいいのか悩んでいる人は少なくありません。今回の「ワイングラスのむこう側」は、そんなデートへの誘い方の基本をご紹介します。

「食事でもどうですか?」を不快に感じる女性は少ない

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

あなたには、「あの人とデートしたり、抱きしめたり、キスしたり、もっと色んなことしたいなあ」ってぼんやり考えて、「はーっ!」ってため息をついてしまうような人はいますか? たまに、そんな風になっている人から「林さん、最近好きな人ができたんですけど、どうやって誘えば良いんですか?」というような相談を受けることがあるんです。

この連載でも何度か書いていますが、男性の場合は、「今度、食事でもどうですか?」って爽やかに誘うのが一番です。たくさんの女性に伺ったのですが、「食事でもどうですか?」と言われて、不快に感じる人はいません。「え? 私に気があるの?」とは思うようですが、それは思わせておいた方が良いですよね。その先に持ち込んだりしやすくなりますから。

さらに、たくさんの女性に確認したのですが、大体の場合「食事くらいなら行ってもいいかな」ってみんな思うようです。もし、あなたの誘いが断られたら、彼女には今おもいっきりラブラブ状態の彼がいるか、ごめんなさい、あなたと一緒に食事をするのも「ちょっと無理」って感じているのかもしれません。

もし断られても、この世界には女性は他にも何億人もいます。縁がなかったと思い、きれいさっぱりあきらめましょう。ここでさっぱりとあきらめる人に対して、いい印象を持つ女性は多いです。彼女が彼と別れた時にはチャンスが訪れる可能性もあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

necobaka69 デートの誘い方の基礎 ワイングラスのむこう側 https://t.co/mGhiUth4tf 自分もこの方法をアドバイスした事あるんだけど ひなた『食事に誘ってみたらどうかな?』 男友達『そんな勇気あるわけないだろ!』… https://t.co/By6EOJVjuy 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

multi_horoyoi デートの誘い方の基礎 https://t.co/LvrcSZ1Ocx 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

papachil_yuma09 デートの誘い方の基礎 #SmartNews フム(( ˘ω ˘ *))フム https://t.co/ldzjZeQFVJ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

GeeeeN2525 デートの誘い方の基礎|林伸次 @bar_bossa | 飲みに行こうよ で終了w 約2ヶ月前 replyretweetfavorite