わかってくれない人」に「わかってもらおう」としてはいけない

どんな場所にも「嫌なこと」しか言えない人がいます。もしあなたがそんな人を腹立たしく思ったとしても、落ち込む必要はありません。だってその人は、人を傷つけることしか言えない、という困った癖があるからです。書籍『会社・仕事・人間関係 「もう、何もかもしんどい」と疲れ果てたときに読む本』より、限界になる前に自分を守る方法を紹介します。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
会社・仕事・人間関係 「もう、何もかもしんどい…」と疲れ果てたときに読む本

黒川依 /石原加受子

「仕事が嫌だ」「人間関係がきつい」「やる気も失せた」……。しんどい時期は、頑張ろうと思うほど、気持ちも体も動けなくなってしまいます。でも、その「頑張ろう」と思う気持ちが、かえって自分を疲れさせてはいないでしょうか? 累計100万部のベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

SetunaHearts #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

sakusaku456 覚悟があるなら「あなたには私の努力や才能を認める能力もないんでしょ?」 と相手のプライドを潰してあげましょう。大炎上するけどマジ貴重な体験ができる > #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

de_genezene 何かそういう生き物だ、と思っているが、視界に入るのすらもはやストレス 2年以上前 replyretweetfavorite

dorian5963 残念だが、こういう奴を変えることは無理だ。それよりは、仕事を押し付けて辞めたほうが正解。  2年以上前 replyretweetfavorite