人間は過去を忘れたがり、未来を知りたがる

高畑の過去を知ったいま、百鳥ユウカさんは、高畑にも自分の過去を話そうと決意した。

高畑には結婚してた過去があった。

そして、浮気をされて離婚して残されたのは息子1人だった。

その彼はいま、高校生になってるという。

この事実をどう捉えるのがいいんだろう?

ユウカの感情のベクトルは不思議なくらいプラスにもマイナスにも向かなかった。

「あ、髪切ったの? 似合ってるね」

そんな調子でさらりと話されたからだろうか。

珈琲カップを手に取っていた高畑はカップに口をつけたが「あ、」とカップをおいた。もう中には何も入っていないようだ。平然に見える高畑も少しはこの告白に動揺しているのだろうか。

「高畑さん、今日は予定ないんだよね? 近くに公園あるから少し歩かない?」

蝉の声も聞こえなくなった秋口、季節の変わり目を感じながら公園でのんびり高畑と話すのもいいんじゃないか、と思った。

「いいね。じゃあ行こうか」

伝票を持ち立ち上がる高畑の背中をユウカは追った。公園までの道のりは他愛もない会話をした。

「ユウカさんってずっとロングヘアーなの?」

「うーん、そうかな。中学生のときはソフト部でショートにしてたけど」

「へ〜想像つかないな、なんか」

「これでも結構評判よかったんだよ。ほら、私顔小さいからそれがより際立つって」

「いうねぇ」

「だってほんとのことだもん」

こんな中学生みたいな会話がいちいちユウカの気持ちを高揚させた。公園に着くと、トイプードルを散歩させてるマダムやランニングをしているベンチャー企業の社長(ユウカの勝手な決めつけ)や日向ぼっこをしている老夫婦が思い思いのことをしていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

34colorchoice79 こういうなんでも受け止めてくれる男の人に弱いんだよなぁ。。 2年以上前 replyretweetfavorite