第9回】オーストラリア戦、ザックジャパンは大丈夫か?

今回は、6/4(火)のオーストラリア戦直前!ということで臨時更新です。前回に引き続き、日本×ブルガリアを題材に、「3-4-3は機能しているのか?」「本田が入るとどうなるの?」「ザックに任せていて大丈夫?」といったテーマを語っていきます。決戦の前にぜひご一読を! 記事の内容や、サッカーの観方についての質問はこちらまで。

選手たちがザックを疑い始めている

2010年の就任以来、これだけのネガティブマインドに支配されたザックジャパンをはじめて見る。

ここのところ、3月のカナダ戦&ヨルダン戦、5月のブルガリア戦と、ザックジャパンの戦績や試合内容があまり良くなかった。その直前に行われた2月のラトビア戦は本田圭佑が最後に出場した試合で、それ以降、本田の欠場と共にザックジャパンは下降の一途をたどった。

今、いちばん問題になっているのは、
『監督の指揮を選手が疑い始めている』ことだろう。

組織と個人。これはサッカーに限らず、集団で何かを成し遂げる際の永遠のテーマだ。組織から与えられた役割と、個人が発揮したい特長がかみ合わないとき、どちらかは部分的にでも犠牲にならなければならない。

チームが結果を出しているときは、だいたい個人が犠牲になり、それを受け入れる。「要求されていることは苦手だけど、みんながうまくいくならそれでいい」と。
ところが結果が出なくなると、徐々にチームのほうが犠牲になり始める。

「私、本当はこんな仕事をしたいわけじゃないのに」
「僕にはこんな役職は向いていない」
「上司はああ言ったけど、こっちでやってみよう」

主語が『We』から『I』に変わることが増え、個人がこうやって、好き勝手を言い始めると黄色信号が灯る。ブルガリア戦は個人のアイデアと監督の指示がかみ合わず、特に攻撃陣にちぐはぐな様子が散見された。
それはシステムの声を聴けばわかる。以下は前半に用いた3-4-3システムだ。

3-4-3は機能しているのか?

このシステムの特徴は、普段使用している4-2-3-1と比べてみるとわかる。以下は後半の頭から用いた香川をトップ下に置くシステムだ。

ザックは3バックの両サイド、今野泰幸と吉田麻也のポジションを『サイドバック』を呼び、攻撃時にはサイドバックのようにプレーすることを求めている。そうなると、4-2-3-1のときにはいなかった駒野友一、内田篤人がサイドで1人分多くなることがわかる。

そのサイドで1人多くなった数的優位を生かしてサイド突破するのが、このシステムの利点なのだが、香川真司と乾貴士は最初から中央に寄ってしまい、システムの利点は消えた。
もちろん、今野がフリーで持ち運ぶときなど、駒野が高い位置へ上がるときには、香川が押し出されるように中央へ入ってもいい。
しかし、その動きは今野、駒野らの動きと『同時』でなければならないのだ。

浦和レッズのペトロビッチ監督は、このような後ろの選手のオーバーラップで前の選手が中央へ入る連動は、「ツザメン!※ドイツ語でtogether、一緒に、の意」と口を酸っぱくして言う。
中央へ入るなら、トゥギャザーしようぜ、ということだ。それが香川と駒野のところはある程度できている時間帯もあったが、特に乾と内田の側にはそれが乏しく、乾だけが勝手に先行して中央へ入る感じで、連動しておらず、内田の周囲に数的優位が作れないようになっていた。

3-4-3は全体的に、現在のザックジャパンの選手の特徴にあまり合っていないのも問題だ。トップ下がいないので、遠藤保仁と長谷部誠はいつもより強く前へ出て、相手のボランチにプレスをかけなければならないが、そのような役割なら、遠藤よりも細貝萌のほうが合っているだろう。もっとも、ブルガリア戦のように投入されていきなりイエローカードをもらうようなプレーでは困るが…。

3-4-3は思ったよりも良い出来ではあったが、まだ頭でサッカーをしている段階なので、緊迫した場面では使いづらいのが現状だ。

オーストラリア戦
本田が入るとどうなるのか?

オーストラリア戦では、おそらく香川が左サイドハーフに回ったブルガリア戦の後半途中、下記の形がベースになるだろう。

この中村憲剛のところに本田が入り、栗原勇蔵のところに吉田麻也、ハーフナー・マイクのところに前田遼一、酒井宏樹のところに内田篤人、さらに清武弘嗣のところに岡崎慎司が入るか否かはコンディション次第といったところだろう。

本田がトップ下に入ることで、何が変わるか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
居酒屋サッカー論 ~誰でもわかる深いサッカーの観方~

清水英斗

「ボールだけを見ていても、サッカーの本当の面白さはわからない!」日本代表戦や欧州サッカーなどを題材に居酒屋のサッカー談義を盛り上げる「サッカー観戦術」を解説します。「サッカー観戦力が高まる」の著者、清水英斗さんによる、テレビ中継の解説...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Minya_GG ()清水英斗「居酒屋サッカー論」ー「この1カ月の戦績、内容に希望が持てないようなら、ザック解任もやむを得ない。」…か。 https://t.co/Qub5y6bOYl …ま、勝てば官軍ですがの。負ければ…この流れも。 5年以上前 replyretweetfavorite

die_kuma 今日は試合までにこれ読んでおきましょう。 / “2130” http://t.co/KwWtYSupy0 5年以上前 replyretweetfavorite

pidenon12 組織と個人...中間管理職の人必読www 5年以上前 replyretweetfavorite