手取り20万円でもお金を増やす方法

「仮想通貨なんてめんどくさい」「株式投資はよくわからない」 「……だけど、お金については、なんとなく不安」貯金、投資、節約――結局なにをどうすればいいのか、わかりやすい答えが知りたい……! そこで、「お金のプロ」である田口智隆さんの著書『入社1年目のお金の教科書』より、お金の貯め方、使い方、増やし方まで、20代におさえておきたいお金の基本をご紹介します。

お金は増やさなくていい


ここまで「貯める」「使う」について述べてきましたが、本章からはいよいよお金を「増やす」ステップに進みましょう。具体的にいえば、賢いお金の使い方で貯めたお金を元手に、株式などへの投資を始めるのです。

でも、ちょっと待ってください。

入社1年目のあなたは、すぐにお金を増やそうとしないでください。

矛盾したことを言いましたね。混乱させて申し訳ありません。

正確に言うと、本書を読んでこれからお金との付き合い方を見直す段階の人は、まだ投資に手を出す必要はありません。

なぜなら、まずは貯金体質をつくることが最優先事項だからです。

元手となるお金が貯まらなければ、思うように投資はできません。

また、投資は少なからずリスクがありますから、ある程度、資金を貯めてからのほうが安全というのも、最初から投資をすすめない理由のひとつです。

だから、まずは「貯め方」と「使い方」で説明した考え方やノウハウを活用し、貯金することに専念してください。

給与の20%(給与が少なければ最初は10%でもかまいません)を銀行の自動積み立てで貯金していくのです。

まずは金額を増やすことよりも、貯める習慣をつくることのほうが大切ですから、金利の大小を気にすることはありません。ひたすら貯めていくのです。

といっても、自動積み立てなので、意思とは関係なく勝手に貯まっていきます。ですから、最初は「お金のノート」などを活用して、お金の賢い使い方を身につけることが肝となります。

しばらく浪費を最小限にし、お金を正しく使っていくと、しだいに今の生活に慣れていき、無理なくお金を貯められるようになります。

まずは、自動積み立てで貯金する生活を1年続けてみてください。

無事、1年間貯め続けることができれば、賢いお金の使い方が身につき、貯金体質に変化したといえます。

そうしたら、晴れて投資デビューの準備が整ったことになります。

なお、本書の読者には入社1年目以外の人もいるかもしれません。

すでに毎月一定額の貯金ができている人、または投資にまわせる余裕資金がある人は、1年を待たずに投資を始めてもいいでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
入社1年目のお金の教科書

田口智隆

「仮想通貨なんてめんどくさい」「株式投資はよくわからない」 「……だけど、お金については、なんとなく不安」貯金、投資、節約――結局なにをどうすればいいのか、わかりやすい答えが知りたい……! そこで、「お金のプロ」である田口智隆さんの著...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pol_and_eco |入社1年目のお金の教科書|田口智隆|cakes(ケイクス) https://t.co/M6chArZt0w 5ヶ月前 replyretweetfavorite

shinogu726 #スマートニュース 5ヶ月前 replyretweetfavorite