グローバル人材」ってどんな人? そしてみんな「ノマド」になる【第7回】

「グローバル人材を育成!」などというフレーズを聞かない日はないこの頃。いったいグローバル人材とはどのような人達なのでしょうか?

 昨今の電機メーカーの凋落に伴い、「企業のグローバル化」が声高に叫ばれるようになりました。「グローバル人材の育成が急務!」などといったフレーズを耳にしない日はありません。グローバル人材は「ハーバード卒」、はたまた「MBAを取得」など、さまざまな情報が流布されています。また「英語で日本文化を説明できる人材」というのもよく耳にするステレオタイプでしょう。一体全体「グローバル人材」とはどのような人々なのでしょうか?

「グローバル人材」ってどんな人?  アップルという典型的なグローバル企業で働いていた16年の間に、私は「グローバル人材」なる言葉を聞いたことが一度もありません。この言葉はおそらく日本国内だけで使われているバズワードのひとつなのではないかと思います。仮に「グローバル人材」を、「グローバル企業で働ける人」としたとすると、おおよそ次のような人材ではないかと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ko_kishi 結論は「どこかで聞いたことある話」だけど、松井さんにこうやって懇切丁寧に言われると非常に納得。>> "グローバル人材の定義、なんとなくイメージが湧いたでしょうか?" 約5年前 replyretweetfavorite

ko_kishi "なお「日本文化を説明する」なんていう能力、ハッキリ言って全く無用です。そんなものを身に付けるのに時間を割くくらいなら、専門性を高めるのに割いたほうがよほど賢明な時間の使い方です。" |松井博|cakes http://t.co/0tAXJSTyQq 約5年前 replyretweetfavorite

tm_skr ぶっちゃけると、国際的企業のディシジョンメイキングの文法、ビジネス文法分かれば英語力が多少低くても大丈夫。TOEIC満点でもそれ知らないと使えない奴になる。 -  約5年前 replyretweetfavorite

hkcha 気がつくのが3分遅かった! 約5年前 replyretweetfavorite