うんこくさいのに美味しいキノコを採って食べた話

「野食」とは野外で採取してきた野生の食材を普段の食卓に活用すること。日々、美味しい食材を求めて南へ北へ。野食ハンターの茸本朗さんが今回チャレンジしたのは、いまの時期、竹やぶに生えるという一見グロテスクな?見た目のキノコ「キヌガサタケ」。その学名(学術的につけられる世界共通の名前)には、キノコの風貌を模したある名前がつけられているのですが...


なんでこれが美味しいんだって思ったんだろ?

ウニやナマコを初めて食べた人はすごい、そういう話をときどき耳にします。割ったら美味しそうな卵巣が顔を出すウニはともかく、粘液に包まれ、触ると内臓を放出して威嚇するナマコを超の付く高級食材に仕立てた古の人々には、本当に頭が下がります。

このナマコやウニのように、野食材の中には、見た目や質感からはとてもその味を想像することができないようなものが少なからずあり、食べるとそれを見出した先人の偉大さを痛感させられます。

ぼくも日々、そういう食材に出会いたい、それを見出した人として歴史に名を刻みたい、そういう欲望のもとに人が食べないようなものを食べているのですが、なかなか一朝一夕にかなう願いではないようです。
これからも頑張ってヘンなものを食べていきたい所存です。


さて今回は、今の時期に採れる「よくそれを食べたな……」という食材について、話していきたいと思います。


「パンツを履いた〇〇」VS「パンツすら履いていない〇〇」

梅雨の時期、竹やぶに行くと、いくつかの変わったキノコに出会うことができます。
その中でも最も変わっていると言って良いのが、キヌガサタケというきのこ。
細かい説明をする前に、まずは写真を見ていただきましょう。


くさ美しい

すごいでしょ?
地上の卵状のものから突き出た白い柄の先端に、亀の頭を彷彿とさせるようなパーツがつき、そこには黒くべったりとした海苔のようなものが付着しています。
そして先端の下部から、白いレース状の膜が地上まで垂れ下がって広がっています。

見た目もさることながら、この先端部分が非常にくさいのです。
臭いの表現は嗅いだ人によって異なりますが、個人的には「化学的に合成した人糞臭」のイメージです。友人は恥垢臭に近いと言っていました。いずれにしてもかなり強烈です。


こんなにきれいなのに

このキヌガサタケは、その臭いによって昆虫などの小動物を引き寄せ、先端の部分についた胞子を含む粘液(グレバという)を食べさせます。そうすることで胞子が体内に取り込まれ、その小動物の排泄物や死骸を経由して拡散されます。そうやって子孫を増やす手法を取っているのです。

見た目のインパクトが強すぎるこのキノコ、学名もやはりちょっと変わっていて「Phallus indusiatus」直訳すると「パンツを履いた陰茎」となります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が本になりました!

この連載について

初回を読む
野食ハンターの七転八倒日記

茸本朗

「野食」とは、野外で採取してきた食材を普段の食卓に活用する活動のこと。 野食ハンターの茸本朗さんは、おいしい食材を求めて日々東奔西走。時にはウツボに噛まれ、時には毒きのこに中毒し、、、 それでも「おいしいものが食べたい!」という強い思...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nono_sansan @yolunosoko ナメクジとか虫が来て、食べちゃいますねん。人間が食べるにはかなり手間がかかりそう……。 https://t.co/nDgVkxVTFu 1年以上前 replyretweetfavorite

cotecote_sun 憧れてやまないキヌガサタケの真実 https://t.co/rhMgSEWWJ1 ぱんつ穿いてる奴とそうでない奴ってそういう意味かーー。 https://t.co/kTevx1xvsl 学名ウィンケイかーーー。 1年以上前 replyretweetfavorite

granat_san 元の単語からスケスケインケイタケと訳せてしまう……うわぁ。ましてスッポンタケの方は……やめとこう。 1年以上前 replyretweetfavorite

tetsuto_w 今週の更新 心が中2なので下ネタが大好きです。 1年以上前 replyretweetfavorite