年下の同性にアプローチされて揺れています

今回、牧村さんのもとには「何十歳も年下の同性からアプローチされ、気持ちが揺れている」というお悩みが届きました。「年齢差もあるし……。」「酔っていただけでは?」と自分から気持ちを伝えることを躊躇している相談者さんに、牧村さんは次のストーリーへ進むためのアドバイスを送ります。

※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

読者の方からご投稿を募集し、性や愛や生きることについて考えるこちらの連載、「ハッピーエンドに殺されない」。前回記事では、「年上の女性に恋をしている自分のことが気持ち悪い」とおっしゃる方のご投稿をご紹介しました。同様に、「年下である自分のことを年上のあの人は受け入れてくれないのではないだろうか」と悩んでいらっしゃる方からのご投稿を、状況は違えど複数の方からいただいています。

しかし恋愛初期における「私とあの人はこんなに年齢が違うし……」というのは、言ってしまえば、だいたいが、こういう意味です。

「私はあの人が好きみたいだから嫌われて傷つくのはつらいなあ」

さて、「年上の人を好きになった」という前回に続いて、今回は「何十年も年下の子に不思議な気持ちを抱いている」とおっしゃる方のお話をお伺いしましょう。

はじめまして。以前テレビで牧村さんカップルを拝見し、とても素敵だなあと思っておりました。わたしは50代の女性です。実は、会社の子(20歳下)が飲み会の席で隣になった時、ぴったりと私に寄り添い、腕をからめ、肩に頭を乗せてきました、とても驚きましたが不快ではなかったので、そのままでおりましたが、私たちが話すのはその日がまだ2回目でした。そして3回目の時はそのようにはしてきませんでしたが、離れた席からわざわざ隣に来てくれ、髪型がかわいいなど誉めてくれるのです。その子はとてもおとなしそうな外見の子なので、その積極性は意外すぎるほどでした。

わたしはこれまで自分のことを異性愛であると認識してきましたが、最近長年付き合っていた彼と別れ、ふとその子のことを思い出すと不思議な気持ちがわき上がってきて、連絡先すら交換していないのに、ちゃんと話してみたいデートしてみたいと思うようになりました。しかし年齢差もありますし、その子は酔っていただけではないのかと思ったりもします。とりあえず連絡先を伝え、先方から連絡が来るようなら考えるべきでしょうか?
(プライバシー保護のため、一部編集のうえ全文掲載しました)

今!

すぐ!

そうしましょ!

そうしましょったらそうしましょ!!!!!!!!!!!

もう、やになっちゃう。

「年齢差もあるし……」

「酔ってただけじゃないのかな……」

恋愛ものに出てくるセリフでしかないじゃない!!!!!!!

わたくしはもうすでに、ご投稿をお惚気として拝読いたしております。大変ごちそうさまでした。書いてくださった通り、「あなたともっとちゃんと話してみたい」ということをご本人に伝えて、ぜひ会社の外でゆっくりお話しになると良いと思います。というかもうすでにそうなさるおつもりで、でも誰かに背中を押してもらおうと思ってご投稿なさったのではないでしょうか。それなら、

押すわよ~~~~~!!!!!!!!!!!

もしそれで傷つくのがおいやなら私のせいにしてくださって結構ですよ。「牧村朝子がそそのかしたせいで! キーッ!」って。うふふ。お相手の方はもう今頃、フェル先生なりbar bossaの林さんなり、別の方にご相談にいらっしゃる頃なんじゃないのかしら?「飲み会の勢いでくっついてみたり、わざわざその人の席まで行って髪型を褒めたりしたのに、なんの進展もないんです! え~ん!!」って。かわいそうだわ、あんまりほっといたら。それで恋が始まり愛に育って行くかはまだわからないにしろ、少なくともその人は、ご投稿者の方に近づきたいんだと思いますよ。そしてご投稿者の方も、その人に近づきたいのでしょう。

長年お付き合いした彼とお別れなさったとのこと、それはきっと、乗り越えるのも大変だっただろうと想像します。けれどきっともう、次の章が始まっているところです。ページを進めていきましょう。こわくないわ。何があっても、生きてる限りは続きがあるの。昔のこの記事に書いた通りです。すべてのことは、何かの途中よ。

とはいえこの先、もしかしたら、もしかしたらよ、失望があるのかもしれません。例えばこんなこともありえます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

dzo___ すべてはなにかの途中だから大丈夫!!!!!なんです!!!!すてきなのろけをありがとうございました!!! 約1年前 replyretweetfavorite

endOF00z 「〜その人ではなく誰かを欲していただけかもしれない〜」 相談へのお返事にこの一文がある。 あの、割と多い。 私がお相手してきた方々。 (お付き合いと言えない、痛い私) その多くが元々、 異性愛のみできた人。 https://t.co/qlwVhRJVXL 約1年前 replyretweetfavorite