桃山商事の恋バカ日誌

混ぜるな危険」がいちばんエロい?

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、新感覚の恋バナ談義を繰り広げるこの連載。前回に続き、「あれが人生で最もエロい瞬間だったな~」というエピソードを紹介していきます!

ムダ毛が史上最高にエロくなる瞬間

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 桃山商事の恋バナ連載、前回に引き続き「自分史上最高のエロ」というテーマでお送りします。

森田 今回も、「あれが人生で最もエロい瞬間だったな~」というエロい恋バナを紹介していきます。前回は「普通だとエロくないものがエロくなる瞬間があるのでは!?」というところで終わったんだったね。

ワッコ ムダ毛がエロくなるっていう話ですよね。女にとってムダ毛は永遠のテーマなんで、めっちゃ気になります。

森田 これは俺の男友達から聞いた話で、彼が会社の女性と二人でゴハンを食べたときに、話が盛り上がってそのまま彼の家で飲み直すことになったんだよね。それまではふつうの友達だったのに、なぜかその日は雰囲気が色っぽくなって、結局セックスになだれ込んだ。

清田 それは、最初からワンチャン狙ってた感じではなくて……?

森田 いや、ほんとにその気はなかったみたいで、彼は意外な展開すぎて驚いてたみたい。それでお互い服を脱いでみたら、彼女の足には明らかに処理していない感じで毛が生えていた。そのムダ毛を見て彼は、「ああ、この人もそういうつもりはなかったんだな」と思ってむっちゃ興奮した。それが自分史上最高にエロかったらしいです。

清田 ムダ毛で興奮(笑)。どこがどうなって興奮するかっていう回路は、人によって全然違うんだね。

ワッコ でも今の話って、「その場で高まった相手の性欲」に対して興奮したってことじゃないですか。男の人が女性の性欲をエロいと感じるって、すごくいいなと思いますよ。

森田 なるほど。彼女のムダ毛自体に興奮したわけじゃなく、そこから推測される「即興的な性欲」に興奮したってことか。

ワッコ わたしの女友達で、「性欲が天から降りてくる」って常々話している子がいるんですよ。その子は性欲が「降りて」きたら、途端に目の前にいる男性とセックスしたくなるらしいんです。

清田 天から降りてくるって……すごいなそれ! 芸術的な表現ですらあるね。

ワッコ ただちょっと問題なのは、「降りて」きたときに目の前にいれば、全然知らない人でもしたくなってしまうことなんです。中学生の時なんて、下校途中の通学路で「降りて」きちゃって、そこにいた工事現場のおじさんとセックスしたらしいです。

森田 ぶっ飛んでるなあ。そこまで行くと芸術は芸術でも、もはや現代美術だよ。

ワッコ まあ、かなりヤバいやつだっていうのはわかってるんですけど、私はその話を聞いて、「すごくいいな」と思ったんですよ。

清田 中学生ってところが問題ありすぎだけど……人はそこまで性欲に忠実になれるのかって驚かされるエピソードだね。

ワッコ そうですよね。「こういうものだから」って、突然降りてくる性欲を堂々と肯定しているのがカッコいいというか。でも、この話を聞いた男性はもれなくドン引きしてますね(笑)。

清田 確かに女性の性欲を見たくないっていう男性は多いもんね……。そもそも女性には性欲がないと思ってる人もいるし。

森田 さっきの「ムダ毛」の話でも、同じように女性の「即興的な性欲」を感じたとしても、そこで引いちゃう男も結構いそうだよね。


ムダ毛を処理するのは、エロではなくて美のためです。

精子×日常、セックス×ワッコ……「混ぜるな危険」とは?

森田 今回もこの収録に向けて、googleフォームで「あなたの史上最高のエロを教えてください」というアンケートを募ったところ、素敵なエピソードをいくつもご投稿いただきました。

清田 個人的にグッときたのは、月曜の朝に、彼の家から出かける直前にオーラルセックスをしたら、精子が服にかかって汚れてしまって……というエピソード。彼女も普段ならそこで服を洗うだろうけど、仕事的にギリギリの時間だったから、精子を軽く拭いただけでそのまま通勤電車に乗った。そのときに、当たり前だけどまわりは通勤途中の人ばかりの「日常」で、もちろん誰も彼女を変な目で見たりはしてないんだけど、なんだかハラハラする気持ちと背徳感が相まって、史上最高にエロい気分になった。

森田 これは、清田が前回言っていた“ジャンプ感”も関係してそうだよね。

清田 この場合は、「彼の家で朝からオーラルセックスをしたこと」と「通勤電車に乗っていること」の距離がすごくあって、そのジャンプの分だけエロい気分が高まっているのかもしれない。

ワッコ “ジャンプ感”と似てるかもしれないんですけど、私の女友達は「混ぜるな危険」がいちばんエロいと言ってるんですよ。

清田 混ぜるな危険!?

ワッコ つまり、混ぜちゃいけないものが重なったときがエロいってことです。今のエピソードだと、「会社員としての日常」と「朝からオーラルセックス」っていうのが、混ざっちゃってますよね。だから興奮したんじゃないかなと思うんです。

森田 なるほど。両者の距離ではなくて、混ざった時に起こる化学反応に注目した捉え方だね。

ワッコ 例えば「混ぜるな危険」論者のその子にとっては、ディズニー映画を観ながらセフレとセックスするのが最高にエロいらしいんですよね。子どもが観るために作られた清らかな「ディズニー映画」と「セフレとのセックス」は、混ぜちゃヤバいじゃないですか。あと、わたしの昔のルームメイトは「ワッコがいる部屋でセックスしたのが最高にエロかった」って言ってました。

清田 どういう状況よそれ(笑)。目の前でセックスが行われたってこと?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

momowakko cakesの恋バナ連載がアップされました。「自分史上最高のエロ」中編です。渾身のイラストとともにぜひお楽しみいただけたらうれしいです🙏 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

momoyama_radio なんだかいろいろ元気出ないけどcakesの恋バナ連載がアップされました。「自分史上最高のエロ」中編です。渾身のイラストとともにぜひお楽しみいただけたらうれしいです🙏 約2ヶ月前 replyretweetfavorite