柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和「レトロゲームファクトリー」第16回

レトロゲームを最新機用に移植する会社「レトロゲームファクトリー」。社長の灰江田直樹とプログラマーの白野高義(コーギー)は、ある日、業界大手・白鳳アミューズメントから仕事の依頼を受ける。それは、ファミコン時代の伝説のゲーム「UGOコレクション」全十本の移植。ただ、実現には大きな障害があった。最後のゲーム「Aホークツイン」の権利だけを買い取った、開発者の赤瀬裕吾が行方不明であること。そして現在、その海賊版が出回っていること。二人は赤瀬の行方を探し始める。

電子書籍文芸誌「yom yom」に掲載中の人気連載を出張公開!

 灰江田は、家庭人としての赤瀬についても尋ねた。
「えっ、夫婦仲かい。うーん、よくなかったみたいだね。赤瀬さんさあ、会社に入り浸りでしょう。それでよその子たちを集めて一緒にゲームをしている。奥さんからしたら、自分の家に帰らず、他人の家の子供たちと遊んでいるようにしか見えないだろうからね」
 声とともに、ため息が聞こえてきた。
「たまの休みも、社長と新しいコンピューターを見に行ったりしてさあ。あれじゃあ、まともに夫婦の時間を過ごす暇もなかったんじゃないかな。彼が辞めたとき、俺は他の会社に移っていてね。噂で聞いた話だと、退職と同時に離婚したとか。いま話したようなことも、関係していたんじゃないかなあ」
 赤瀬の妻の気持ちも分かる気がした。夫が家に寄りつかず、外でそんなことをしていたら腹も立つだろう。
 他の人の話も、似たり寄ったりだった。思いのほか当時を知る関係者は少なかった。その不足を補うために、灰江田は自身の人脈に声をかけまくった。知っている人がいれば連絡して欲しい。知り合いの知り合いまで伝手をたどれば、かなりの広さになる。
 しかし、こちらの反応は、いまのところゼロだ。赤瀬はゲーム業界とは完全に関係を絶ったのか。当時の開発者の多くが違う道に進んでいることを考えれば、同じ業界に留まっている可能性は低いのかもしれない。
 灰江田はメモ帳を閉じる。これから会いに行くのは、当時グラフィッカーをしていた田(た)沼(ぬま)道(どう)司(じ)という人物だ。田沼は白鳳アミューズメントを辞めたあと、ゲーム業界から離れてイラストレーターとして成功した。
 電車が駅に着いた。ホームに降り、地上へと上がる。スマートフォンを出して約束の時刻を確認する。ちょうどよい時間だ。灰江田は土産を手に、田沼の事務所に向かった。

 灰江田が挨拶すると、髭に覆われた田沼が相好を崩した。田沼は六十近く、大柄で熊のような体格をしている。灰江田は、手土産のケーキを渡して名刺を交換する。応接用の椅子に田沼が座るのを待ち、自身も腰掛けた。
 事務所の壁には田沼が手掛けたポスターが無数に貼ってある。美大を卒業後、当時の進路としては珍しいゲーム会社に就職した。年齢は赤瀬より少し上。赤瀬が作ったゲームのうち四本目から八本目に参加して、グラフィックスとパッケージデザインを手掛けた。
「赤瀬の名前を聞くのは久し振りだなあ」
 当時の白鳳アミューズメントの様子を田沼は語る。赤瀬が入社した頃は、社員数二十人強の会社だったらしい。ファミコンの開発ラインは二本で、三人から四人でチームを組んでいた。ラインはのちに四本に増え、赤瀬が退職する頃には百人近くの社員になった。その急成長の原動力の一つが、赤瀬のゲームの人気だったそうだ。
「赤瀬さんの現在の連絡先をご存じですか」
「知らないんだよなあ俺も。あいつ会社を辞めたあと音信不通になってね。奥さんに聞いたりもしたんだよ。でも、家族とも接触していないらしくてさ。どこにいるか知りませんと、ぴしゃりと言われたよ」
 田沼は太い腕を組んで大きくため息を吐く。まあ、静枝の話から、その反応は予想できる。赤瀬の妻はゲーム開発者を、遊び人や香具師(やし)のたぐいだと思っていたようだから。
「それにしても赤瀬さんは、まるで世捨て人みたいですね」
「まあ、大きな喧嘩の末に出て行ったからな。会社の人間と連絡を取りたくなかったというのも、あるんじゃないかな」
「喧嘩ですか。誰としたんですか」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年6月号は連続特集「『ポケモン』から20年と未来の日本ゲーム」、俳優・藤原祐規さんインタビュー、恒川光太郎さんと伊藤朱里さんの特別短編など。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.50(2018年6月号)[雑誌]

米光一成,さやわか,吉野万理子,恒川光太郎,伊藤朱里,藤原祐規,千早茜,尾崎世界観,三上延,中江有里,柳井政和,柏井壽,最果タヒ,宮木あや子,武田綾乃,町田そのこ,瀧羽麻子,門井慶喜,中山七里,東川篤哉,堀内公太郎,垣谷美雨,ふみふみこ,鴻巣友季子,新納翔,砂田麻美,カレー沢薫,こだま,新井久幸
新潮社
2018-05-18

この連載について

初回を読む
柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和 /新潮社yom yom編集部

失踪した伝説的ゲームクリエイターの謎を追え――。 『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』で小説家デビューを果たした プログラマー・ゲーム開発者が贈る、本格ゲーム業界小説! 電子書籍文芸誌「yom yom」に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ruten 小説『レトロゲームファクトリー』のcakes連載第16回が公開されていますゲーム好きの人も小説好きの人も是非。 https://t.co/okMPDtL8QX #cakes #小説 #ゲーム #レトロゲーム https://t.co/QpDrVjjquQ 11ヶ月前 replyretweetfavorite

ruten 小説『レトロゲームファクトリー』のcakes連載第16回が公開されました。ゲーム好きの人も小説好きの人も是非。 https://t.co/okMPDtL8QX #cakes #小説 #ゲーム #レトロゲーム 11ヶ月前 replyretweetfavorite