コト消費」の支出に要注意!

「仮想通貨なんてめんどくさい」「株式投資はよくわからない」 「……だけど、お金については、なんとなく不安」貯金、投資、節約――結局なにをどうすればいいのか、わかりやすい答えが知りたい……! そこで、「お金のプロ」である田口智隆さんの著書『入社1年目のお金の教科書』より、お金の貯め方、使い方、増やし方まで、20代におさえておきたいお金の基本をご紹介します。

「コト消費」の支出に要注意!


最近の若者を見ていると、賢い買い物をしていると感じます。

たとえば、衣服。私が入社1年目の頃の時代は高級ブランドが花盛りで、若い人も少し無理をして高級ブランドを買いあさっていました。

私も例外ではなく、全身高級ブランドに身を包んでいた時期もありました。それも、破産寸前まで追い込まれた原因のひとつだったわけですが……。

しかし、今の若者はユニクロやH&M、 Z A R A などの安価なファストファッションをうまく普段着に取り入れていて、高嶺の花である高級ブランドに手を出したりはしません。

自動車に関しても同じことがいえます。

昔は高級車を買うのがステータスという感覚がありましたが、今の若者は積極的にリーズナブルな軽自動車を選びますし、都心の若者はレンタカーなどを活用して余計な出費を控えています。

消費者がお金を使う際に、所有することに重きを置いて商品を購入することを「モノ消費」と呼びますが、このモノ消費に関していえば、若者は上手に出費を抑えているように感じます。


ただし、その分、「コト消費」にお金をかけているように見受けられます。

「コト消費」とは、所有では得られない体験や思い出、人間関係に価値を見出して、お金を使うことを言います。

具体的には、旅行やレジャー、コンサートなどのイベント、スポーツ、飲み会、スマホゲームなどが挙げられます。

家計簿の費目でいうと、趣味・娯楽費や交際費といったものです。

つまり、今の若者は「モノ消費」よりも「コト消費」を重視する傾向にあるのです。

それはもちろん悪いことではないのですが、「コト消費」の支出が増えすぎてしまうとお金が貯まりにくくなってしまいます。

交際費は大きな出費につながる

なかでも支出が大きくなりがちなのが友人や同僚との「交際費」です。

最近は、会社の上司や同僚との飲み会は減る傾向にあり、「家飲み」などリーズナブルなコミュニケーションのスタイルが若者に定着しています。

ただ、私もそうでしたが、お酒が入るとどうしても気が大きくなって、予算を考えずにお酒や食べ物を注文してしまったり、二次会、三次会へと流れ、挙句の果てには終電をなくしてタクシーで帰宅したりといったことが起きます。

ふだんはランチの数百円の差を気にする人でも、お酒が入ると、平気で1万円札を使ってしまうのです。

したがって、お酒が入る交際費は大きな出費につながりがちなので要注意。節度をもって参加することが大切です。

また、「飲み会に参加しない」という選択肢を検討することも重要です。

同じ飲み会の費用でも、「浪費」になることもあれば「投資」になることもあります。たとえば、同僚と上司や会社の愚痴を言うだけの飲み会はストレス発散にはなるかもしれませんが、それ自体は何も生み出さないので「浪費」と位置づけられます。

一方、先輩に仕事のアドバイスをもらうことを目的にした飲み会や、人脈を広げるために異業種の人と会う飲み会は、将来につながるので「投資」と位置づけてもいいでしょう。

浪費になりそうな飲み会は、極力行かないのが原則です。

二次会も同じで、生産的なコミュニケーションがおこなわれるわけでもありませんし、たいてい酔っぱらっているので覚えていません。一次会で失礼してもほとんどの場合、問題ありません。

「彼は飲み会に誘っても来ない」「彼女は二次会には来ない」というイメージが定着したら、まわりも無理に誘ってくることはなくなります。

ただ、浪費の1割の範囲に収まるのであれば、たまにはガス抜きに飲み会に参加するのもいいでしょう。何事も生真面目にやりすぎると長続きしなくなってしまいますから。

交際費にかぎらず、趣味や娯楽などは楽しいので、ついつい出費が多くなることがあります。浪費の1割の予算に収まっているかをチェックし、もし収まらないのであれば、節約して穴埋めをするなどの対策が必要です。

寝具にお金をかけるべき理由

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
入社1年目のお金の教科書

田口智隆

「仮想通貨なんてめんどくさい」「株式投資はよくわからない」 「……だけど、お金については、なんとなく不安」貯金、投資、節約――結局なにをどうすればいいのか、わかりやすい答えが知りたい……! そこで、「お金のプロ」である田口智隆さんの著...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomotaka_T !」と題して、交際費についてお伝えをさせて頂きました。今回の記事も1分あればサクッと読めるので移動時間や休憩時間にご一読して頂けると嬉しいです! https://t.co/QqC0MzGnv4 1年以上前 replyretweetfavorite