​入場料で店と客が良い関係になる

お酒を飲む店に行くと取られることが多い「チャージ料」。特にお金がなかった若い頃は、痛い出費だったのではないでしょうか。実はこれ、そんな若いお客さんに対する合理的な機能を果たしていたんです。それは一体どういうことでしょうか?

バーはなぜ入場料を取るのか?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、ほぼ日主催の「生活のたのしみ展」に行ってきました。生活に根付いた商品を売る色んなお店を集めたイベントなんですが、入場料に300円が必要で、「なるほどな」と思わされました。例えば、その会場の外側から、その展示のことを全く知らなくて別件でふらりと恵比寿ガーデンプレイスに来ている人たちが「何やってんだろう」って感じで見てるんですね。で、彼らが入ろうとしたら「入場パスポート持ってる方のみなんです」みたいなことを言われて、「ふーん」みたいな感じで会場から離れていくんです。

全く関係ない人、興味ない人を取り込んで、すごく混雑してしまうと、むしろ商品が売れなくなることがあります。そんな売り上げが見込めない状況よりも、入り口で入場料をとることによって、お客様がゆっくりと見れる状況を作っている、という要素もあるのかなと思いました(的外れだったらすみません)。

というのも、bar bossaも最初はチャージ料500円をいただいてたんですね。店を開く前はチャージは無しでいいかなと思っていたんですが、バー業界のある先輩に、「渋谷で音楽バーやるなら、チャージとった方が良いよ。若い子のたまり場になっちゃって大変なことになるから」みたいなことをアドバイスされたんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Canopus8kf 入場料で店と客が良い関係になる|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite

moe_sugano これはわたし自身もnoteで実感しています。もちろん無料で出す部分も必要なんですけどね。>入場料で店と客が良い関係になる|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite

vvvx94 なるほど。。確かに多くの小売業で適応可能そうだし、有益な顧客だけを集められそう 入場料で店と客が良い関係になる|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite

Solitaire_12227 入場料で店と客が良い関係になる|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite