俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

<奇跡の30歳を探す旅 3>学生の街の一角。摩訶不思議なバーで働く艶美人ママ

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 週刊SPA!が30周年を迎えたということで、「奇跡の30歳を探す旅」の特別編でお送りしてきた当連載。その最終回を担当することになったスパムです。自身の30歳を思い返してみると、仕事を忘れさせてくれる束の間の癒やしを求めて、一人飲みを始めた頃。

 最初は新宿ゴールデン街にも足を運んではみたものの、今やすっかり観光地となって安らげる場所すらなかなか見つけづらい。そんななか、目をつけたのが東京・高田馬場だ。学生街のイメージが強い高田馬場だが、近年では路地裏にレトロな飲食店が立ち並ぶ「裏馬場」などのエリアが盛り上っているという。

 今回はそんな高田馬場の“癒やし系美女”に会いに行ってみた。

カオスな空間の中に癒やし系美人ママ

 JR高田馬場駅から早稲田通りを挟んだ山手線沿いの路地に入ると、老舗の飲み屋が立ち並んでいる。その一角にあるのが、にゅ~ニッポンバー「あでぃくしょん」だ。

 ピンクの看板にカラフルな電飾が目立つ外観。いざ店内に入ると、不思議なオブジェやカラフルな小物が山ほど飾られていて、だいぶカオスな空間だ。「飲んでると不思議と落ち着いてきますよ」と、カウンターから笑顔で声を掛けてくれたのは、綾瀬はるか似の着物美人の慧ママ(33歳)だ。残念ながらドンピシャ30歳ではなかったが、むしろ33歳でこの見た目だという事実が素晴らしい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード