好意を持ってる男に突然来訪された時に女が考える思考パターン

さりげなく、そして、さりげなく、力みを悟られてはいけない。時間をかけすぎて呆れさせてもいけない。女は男に会う前に、いろんな場面をシミュレーションする生き物です。その、さりげない姿にもあらゆるメッセージが隠されています。

ドラマでよくみるワンシーン「きちゃった」。

いま、ユウカの目の前で起きてる状態はまさに、それだった。

これまでユウカもこういうことをしたことがないわけじゃなかった。ユウカが付き合ってきた男たちはこういうことを素直に喜んでくれる性分だったから、約束がなくても合鍵で部屋に入り手料理を作って待つことはしばしあった。男の望みがわかるつもりでいたからユウカはあえて演出的にそうしてきたけど、いざ自分がそんな演出をされたら相当に困る。

なんでも準備ってものがある。会うことが決まってたらそれなりの下着をつけたり、外出用のメイクをしたり、ランチに食べるものを調整したり、他にだっていろいろある。だからいきなり家を訪ねてくるなんて……。

今まさに、そんな状況下に置かれたユウカは焦っていた。なんでこんな早朝にしかも教えたはずもない磯子の家に高畑がやってくる? 池崎とのいざこざのことは一瞬、頭を離れ、現実的に目の前の事態に対処をしないと……。

居留守を使おうと思っても、すでに返事をしたあとでユウカがいることはもうバレている。 こんな短い時間で準備をするなんて無理だと悟ったユウカは、とりあえず玄関のドア越しに高畑と会話しようと決めた。

「……た、高畑さん、突然どうしたの?」 「ユウカさんに会いたくて、いてもたってもいられなくなってきちゃった」

きちゃったって。でもこの時のユウカは困ってはいたものの、不思議とうれしいという気持ちが湧き上がってきていた。

「そう」平静を装った返事をする。 一呼吸おいて、ユウカは続けた。 「せっかく来てくれたのに申し訳ないけど、今起きたばかりで……駅前に喫茶店があるから、そこで待っててもらっていい? 40分でいくから」

「わかった。急にごめん」 高畑も一呼吸おいて、答えた。 「……でも、ありがとう。ゆっくり支度して。今日は1日フリーだから。じゃああとで」

高畑の足音が遠ざかったことを確認すると、ユウカは大慌てでシャワー室へと向かった。考えなくちゃいけないことは山ほどあったけど、とりあえず今は綺麗にすることが先決。

シャワーを浴びながらも何を着て行こうか、あのワンピースは気合を入れたと思われるだろうか、ラフなんだけど可愛げのある格好は……クローゼット内を思い浮かべながら身体を念入りに洗う。

普段は髪を巻くことが多いユウカだが、さすがに待たせているのに髪を巻くわけにはいかない。

直毛な髪の毛を綺麗にブローして、結局、スキニーパンツに鎖骨が綺麗に見える白いニットにした。女性は自分の美しい部位を知っている。うなじが綺麗な人は髪をアップにするし、豊満な胸の人は綺麗な谷間を強調した服を選ぶ。

ユウカはうなじも胸も自信がないけど、鎖骨には自信があった。 この横浜で何があるはずもないのに、黒の下着を身につける。(この前高畑に見せたのは純白の白だからあえて黒にした)

メイクが2時間だとか身支度に時間をかける女子は多いけど、ユウカはメイクを10分程度ですませる。理由は巻き髪の時と同じ。それにもともと目鼻だちが整っているから、それほど時間をかけなくても外出用に仕上がる。

ちょうど30分で準備が済み、ユウカは家を出た。

喫茶店に着くと、高畑は小さい文庫本を手にしてその世界に没頭しているようだった。 こういう時、他の人だったらいつくるか、いつくるか、と気が気でなく、本の世界になんて没頭できないだろうけど、こういうことろが高畑だな……と思う。

そしてこういうところもユウカが高畑に惹かれる所以だった。しばらくその姿を見つめてみるもまったくユウカが到着したことに気づく様子がないので諦めて高畑の元へ急ぐ。

気づいてくれなきゃただの遅刻じゃない。

「高畑さん、お待たせ」

「あ、ユウカさん、早かったね」

時間に正確なのはユウカの性格だった。幼い頃から母が時間だけには厳しかったからかもしれない。でも高畑の言葉と本を手にする姿を見ると、もう少し遅い方がよかっただろうか、と思わされる。それならそれで、もう少し髪をブローすることができたのに。

目の前の高畑はエスプレッソを飲んでいた。ユウカはカフェラテを頼んでから、ふと訊ねた。

「ここの珈琲、おいしい?」

家で豆を挽くほど珈琲にはこだわってる高畑だから気になった。

「うん。僕の好きなエチオピアの豆を使ってるんだって。やっぱり自分で淹れるより人に淹れてもらう珈琲の方が何倍もうまいな」

そう言って相好を崩す高畑を見ていると、高畑の家で珈琲を淹れてもらった日が思い出された。そして珈琲をスカートにこぼして、そのあとすっ転んで高畑の目の前でお尻をほんの少し露わにした恥ずかしい記憶も共に思い出され頬が勝手に熱を帯びた。 一夜を共にした記憶よりも先にそっちの方を思い出すのは、よほど恥ずかしいと思ったからだろうか。

何か話そうとしたとき、ちょうどいいタイミングでカフェラテが届いた。口に含み一息つく。

「突然来たから驚いたわ」 「そうだよね、ごめん」 「どうしてココがわかったの?」 高畑にたずねながらも情報源はアキしかいないこともわかっていた。

「アキさんに聞いて。それでごめん、アキさんに話したんだ。僕の気持ち。ユウカさんにプロポーズしたってことも」

「えっ? そうなの? アキさんはなんて?」

「ふふふ、って笑ってたよ。それでユウカさんに会いに行きたいって言ったら、早朝にでも押しかけてやんなさい、って」

「なにそれ。もうアキさん、完全に他人事だと思って楽しんでない?」

「どうだろうね。でも僕は少しでもはやくユウカさんに会いたかったから、アキさんの言葉を言い訳にしてこんなに早く押しかけちゃったよ」

苦笑する高畑になんて言葉をかけていいのかわからない。うつむくユウカに高畑は「元気ないみたいだけど、やっぱり困らせてるかな?」とユウカを覗き込んだ。

「困ってないって言ったら嘘になる。ねぇ、高畑さんはなんで私じゃなきゃダメなの?」

これはユウカにとって一番大切な質問だった。ユウカが結婚相手に求めるものでも肝となるのが「ユウカじゃないとダメな理由が胸を打つ人」だった。(ユウカじゃないとダメ、って言葉くらい誰でもくれる)

「わかんない」

「えっ?」

「あ、誤解しないでね。ユウカさんじゃなきゃダメっていう気持ちは本物だよ。でも、理由は? って訊かれても言葉にして説明することはできないというか……言語化できる感情なんていうのは大した感情じゃないと僕は思ってる。それでも言語化して他人を感動させることができるのは小説家くらいなもんじゃないかな」

高畑の言葉は理解はできたけど、なんか腑に落ちないというかガッカリしてしまったのも事実だった。間違ってもいいから、すごい言葉にしなくてもいいから、自分の言葉にして表現して欲しかった。そういうのだってユウカは「愛」だと思うから。

「ユウカさんは結婚と恋愛は別物だと考えているの?」

「私は恋愛の延長線上に結婚があると思ってるよ。高畑さんは?」

「そうだな。僕も今はそう思ってるよ」

今は、という言葉がユウカは気になった。そのことを敏感に察知したらしい高畑は、そのまま続けた。

「僕、23歳の時に一度結婚してるんだ」 「えっ?」 ある意味、神秘的と思わせる高畑の内側には、まだユウカの知らない一面が隠れていた。

「許婚っていうのかな。幼馴染で昔から両親にはそう言われてたから、高校や大学で恋愛はしたけど、結婚はあいつなんだろうな、って漠然と思ってたんだ。だから恋愛と結婚はまったくの別物だった。僕はそれを受け入れてた。なんだろうな、反発できるほど自我もなかったし、人を好きになることもなかったんだろうね。あいつがいるからどこかで感情をセーブしていたのかもしれないけど。それで僕たちは大学を卒業したあとに結婚したんだ。僕はそれでいいんだ、って思ってたし、彼女と幸せになろうと思ってた。でも彼女は違ってた。僕に隠れて大学時代の恋人とずっと付き合ってたんだ。そして7年目の春、彼女は手紙を置いて家を出て行った。僕は心底驚いたよ。だってそれまでの7年間、まったく彼女に好きな男がいるなんて気づきもしなかったんだからね。まぁ、仕事に追われていて正直彼女としっかり向き合う時間なんてなかったんだけどね」

ユウカはそのことを聞いて、高畑らしい、そう思ってしまった。この人なら気づかないのだろう。女性の心の機微を。揺れる心を。そういう男は苦手だったけど、今のユウカはそういう高畑を愛おしいと思った。

「だから僕はもう結婚はしない、そう思ってたんだ。恋人ができたとしても、結婚はしなくていいかな、って」

「じゃあ、どうして?」

「そんなの、決まってるじゃない。ユウカさんが結婚を望んでるからだよ。結婚というものには興味はないけど、ユウカさんが望むことには興味がある。ユウカさんが喜んでくれるなら、僕はなんだってやるよ。結婚くらい、朝飯前だ」

はは、と笑ってエスプレッソを口に含む高畑が、とてつもなく大人に見える。悪いとは思いつつも、昨夜高畑と寝たのかと執拗に訊いてきた池崎の幼稚さをあらためて実感しげんなりした。

結婚するなら、やっぱりこういう大人な人がいいだろう。高畑なら、私に平穏とドキドキと2つを永遠にくれるような気がする。

ユウカは意を決して何かを告げようとした。それを口にしてしまったら、後戻りできなくなるかもしれない予感に包まれながら、口を開こうとした瞬間、先に高畑の方がユウカにある事実を告げた。

「あ、それともう一つユウカさんに伝えておかないといけないことがあるんだ。実は僕には同居している息子がいてね。来年からはアメリカの高校に通うことになってるから離れちゃうんだけど」

えっ?

神秘的な高畑の内側にある引き出しには、とんでもないものが仕舞われていたようだった。

(つづく)

<イラスト:ハセガワシオリ

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません