愛はなくてもお金はほしい。離婚しない妻たちの本音。

夫への恨みつらみが書き込まれた「だんなDEATH NOTE」というサイトが、以前話題になりました(現在は閉鎖)。そんなにイヤなら離婚すればいいのでは、と誰でも思うでしょう。でも、それでは食べていけないので、死んでもらって、年金と生命保険とマイホームを手に入れることが彼女たちの願いなのです……。話題の『専業主婦は2億円損をする』から特別連載。日経ウーマンオンラインでインタビューも!

生涯現役で共働きが最強の生き方
専業主婦は2億円損をする』(マガジンハウス)


母子家庭でも生き抜くには

「だんなDEATH NOTE」というインターネットのサイトがあります。「夫に今すぐ死んでほしい」と毎日思っている妻が、日頃の恨みつらみを自由に投稿し、だれでも読めるようになっていて、その内容が話題になりました。

 記事のタイトルを見るだけでも、「今日中に死んでください」「怪我バンザイ。そのまま死ね」「顔面をハンマーでブチ殴りたい」などと強烈な言葉が並んでいます。「死ねば許されると思ったら大まちがいです」などというのもあって、夫はただ死ぬだけではダメなようです。

 Googleでは、検索用語を入力すると、自動的に候補が表示されるようになっています。みんなの知りたいことは重なっているので、「渋谷」と入力すると、「ランチ」「映画館」などの候補が出てきて、入力の手間をはぶいてくれるのです。

 7、8年前から、この検索ボックスに「夫」と入力すると、「死んでほしい」という言葉が真っ先に出てくることが話題になりました。最初に聞いたときはなにかの都市伝説だと思ったのですが、自分でやってみてもたしかにそのとおりです。これは、たくさんの女性(妻)が、インターネットで「夫 死んでほしい」と検索しているということです。

 なぜこんなことになるのでしょう。それは、ほかの検索候補に「夫 死亡 保険」「夫 死亡 手続き」などが並んでいることから推測できます。彼女たちは、夫が死んで保険金を受け取ることを願っているのです。

愛がなくてもお金はほしい

 夫が生命保険に加入していれば、死亡によって保険金が支払われます。生命保険金の平均額は2000万円程度です。

 しかし、妻にとって夫が死ぬことのメリットはこれだけではありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
専業主婦は2億円損をする

橘玲

マスコミから取材殺到、大反響! 新しい働き方と生き方を提案する、話題の書から特別連載。「仕事疲れた、専業主婦になりたい」。そう思っているあなた、ちょっと待って。会社は辞めても、仕事をやめてはいけません。妻が専業主婦というあなた、このま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ChromeYellow0 別の言い方をすれば、「マイホーム無、生命保険無、貯金無。でも収入はある」状態が妻から死を願われない条件ということか。 8日前 replyretweetfavorite

nakapyo 『なぜこれほどまで「妻」の立場に しがみつこうとするのでしょうか。 それは日本では、母子家庭になると たちまち社会の最底辺に 落ちてしまうからです。』 https://t.co/n5RVYGC2WM 9日前 replyretweetfavorite

ak_tch 「 cakes連載。「だんなDEATH NOTE」の話です。 9日前 replyretweetfavorite