系外惑星探査の夜明け

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


事はシャワーから始まった。一九八三年、カリフォルニア州パサデナにあるカーネギー研究所に、ジェフ・マーシーという名のうだつの上がらない二十八歳のポスドクがいた。彼の研究は大御所の天文学者にこき下ろされ、精神的に消耗し、キャリアの方向性は見えず、モチベーションを失いつつあった。

ある朝、彼は鬱々とした気分でシャワーを浴びながら考えていた。こんなんでは続かない。自分が楽しめる研究……何か自分にとって意味のある研究をしなくては……じゃあ、俺がやりたい事は何なんだ……?

答えはすでに彼の心の底にあった。

「星々に惑星があるのかを知りたい。」

当時、それは世界のいかなる天文学者も真面目に研究したことのない問いだった。そんな研究がうまくいくとは思えない。でも、今の研究を続けてもどのみち失敗だ。ならば自分の情熱が湧くことをとことんやって、盛大に失敗してやろう。

シャワーから上がった時、彼の心は決まっていた。

その後、マーシーはサンフランシスコ州立大学の教授となる。ここである出会いに恵まれる。ポール・バトラーという名の大学院生だ。二人は元々は教授と学生という間柄だったが、その後およそ二十年にわたりパートナーとして数々の発見を共に為し、系外惑星探査の黄金期を築くこととなる。

革命とは往々にして出会いから生まれるものだ。たとえば三国志の劉備と関羽・張飛。たとえばビートルズのジョン・レノンとポール・マッカートニー。たとえばアップルのスティーブ・ジョブズとウォズニアック。マーシーとバトラーの関係は、アップル創業者のスティーブ・ジョブズとウォズニアックのそれと似ているかもしれない。マーシーは天文学の網羅的知識があり、話術に長け、カリスマ性を備えていた。一方、技術者肌のバトラーは、系外惑星の発見に必要な検出技術の開発に大きな貢献をした。

いかにして何十光年彼方の惑星を見つけるか。どんなに優れた望遠鏡を使っても、 中心の星に対して惑星は暗すぎるので見ることができない。そこでマーシーとバトラーは「RV法」(または「ドップラー偏移法」)と呼ばれる方法を用いた。星の「ふらつき」を使って惑星を検出する方法だ。


〈図7〉RV法による系外惑星の検出

一般的には地球は動かぬ太陽のまわりを回っていると思われているが、厳密には正しくない。実際は、太陽も地球に振り回されてわずかにふらついている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

adumy55 #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

uchu_kyodai NASAの研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 2年以上前 replyretweetfavorite