ホモ・アストロルム

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


For small creatures such as we the vastness is bearable only through love.
(我々のように小さな生き物にとって、この広大さは愛によってのみ耐えることができる。)

カール・セーガン『コンタクト』

宇宙人はいるのだろうか?

いないはずはない、と僕は思う。仮に惑星が知的生命を宿している確率を、日本人が東大に入る確率(0.1%)としてみよう。すると、我々の銀河系には数千億の惑星があるから、その中の数億に文明がある計算になる。では仮に、それを人がノーベル賞を取る確率(0.00001%)としてみよう。それでも我々の銀河には数万の文明がある計算になる。

そして宇宙には数千億の銀河がある。宇宙のどこかに……現在とは限らなくとも、過去または未来のどこかの時点で地球外文明が存在する確率は限りなく100%に近いだろう。

では、どこにあるのだろうか?

わからない。だが一つ、確かなことがある。ほぼ全ての地球外文明は我々より圧倒的に進んでいる、ということだ。もし仮に、ある文明の誕生が、一三八億年の宇宙年齢に対してたった百万分の一、0.0001%だけ、地球文明より早かったとしよう。するとその文明は一万年強も人類より進んでいる。逆に、もしある文明の誕生が0.0001%だけ遅かったら、地球より一万年強遅れていることになる。地球で農業が始まったのが一万年前。おそらく、そのような文明はまだ生まれる前だ。要は、生まれたての赤ちゃんにとってほぼ全ての人間が年上であるのと同じ理屈である。宇宙の時間スケールに対して、人間文明はまだへその緒も乾かぬ赤ちゃんなのだ。

だから、地球外文明は人類でさえ持っている電波交信の技術は間違いなく持っているだろうし、数万光年を旅する船も持っているかもしれない。

ならば、彼らは使節団を地球に送り込んだり、親書を電波で送信したりしていないのだろうか?

その証拠は今のところ、ない。UFOや宇宙人の目撃談は昔から多くあり、科学はそれを仮説としては否定しないが、科学的事実として扱うには根拠が薄すぎる。本章で後述するが、SETI(Search for Extra-Terrestrial Intelligence、地球外知的生命探査)も半世紀以上にわたって行われている。電波望遠鏡で宇宙人からの電波を探す試みである。疑わしい信号を受信したことは何度かあったが、確たるものは一つもない。地球外文明もまた「最終手段の仮説」である。UFOや宇宙人の目撃談もSETIの候補信号も全て地球外文明に依らない仮説(自然現象、天文現象、ノイズ、幻覚など)で説明できてしまう。その基準に照らせば、未だ人類は地球外文明と一度も遭遇していない。

なぜだろう? なぜ、統計的には宇宙に数え切れないほど文明があるはずなのに、彼らは我々にコンタクトしてこないのだろう?

まだ来ていないだけだろうか?

気付いていないだけだろうか?

やはりUFOや宇宙人は事実だったのだろうか?

それとも、我々は宇宙にひとりぼっちなのだろうか?

つい十年ほど前までは、この問いに対する唯一のアプローチは、有名な「ドレーク方程式」だった。方程式といっても単純で、銀河で毎年生まれる恒星の数に、恒星が惑星を持つ確率、惑星がハビタブルである確率、ハビタブルである惑星に生命が生まれる確率、生命が知的生命に進化する確率、そして知的文明の平均存続年数を掛け合わせれば、現在銀河系に存在する知的文明の数を見積もれる、というのがドレーク方程式である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uchu_kyodai NASAの研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 1年以上前 replyretweetfavorite