#06 二大食事法の対立が続くも 学会トップが実は中道を実践

医学界では糖質制限派とカロリー制限派が対立している。どちらの食事法が勝るのか。信頼性の高いレベルに位置付けられるエビデンス(科学的根拠)に焦点を当て、最適解を探る。

 医学界における糖尿病の食事療法は、歴史と経験を重んじる重鎮たちが支持するカロリー制限派、カロリーではなく糖質の制限を推進する派の二つに大きく分かれる。あまたある研究結果の中から信頼性の高いレベルに位置付けられるエビデンス(科学的根拠)に焦点を当てて、食事法としての実力を捉えることが、最適な食事法を判断する材料となる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
科学とデータで迫る 最強の食事術

週刊ダイヤモンド

ご飯やパンなど糖質の多い食べ物を制限すれば、満腹になるまで肉を食べても体重は減るのか。また病気を予防できるのか。やっぱりカロリーを減らすべきなのか。食事法には、実はよく分かっていないことが多くはないか? では、科学が支持するのは? 医...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません