第6回 顧客の要望に100%応えても0点 — 顧客満足のメカニズム — (前編) 

6月10日に『100円のコーラ』シリーズの完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』が刊行されます。そこで第1弾『100円のコーラを1000円で売る方法』を完全公開。

10

 次の日の朝—。
 久美と井上は、商品企画会議室で帝国建設への提案書のことで話し合っていた。久美は時間にはややルーズだが、約束したことは守る。
「とにかく大切なことはね。お客さんの言っていることに絶対『ノー』とか『できません』って言わないこと。これが鉄則よ」
 久美は、帝国建設が各ベンダーに配布した分厚い「次期会計システム提案依頼書」のページをめくりながら、井上に言った。
「だから、この提案依頼書に書いている要望に、〈現場の会計〉で全部しっかり応えること。あとは、お客さんの値引き要求に徹底的に応えること。これで契約間違いなしよ」

 帝国建設の提案依頼書には、さまざまな要望が書かれている。要望の半分は現在の〈現場の会計〉でも対応可能で、25%は運用レベルで何とかなりそうだ。しかし、残りの25%は現状では対応できない。それが合計20件あった。
「問題は、この対応できない部分よ。ここが勝負の分かれ目ね」
「的外れな要望も入っていると思うんだけどなあ」
 久美は(アナタ、全然わかっていないのね)というようにかぶりを振りながら言った。
「井上クン。セールスを10年もやっているんでしょ。お客さんの言うことは絶対なのよ。お客さんが白いものを黒いって言えば、それは黒なの。わかる?」
 久美は要望リストをペンで叩きながら、続けた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
100円のコーラを1000円で売る方法

永井孝尚

6月8日に40万部突破のビジネスストーリー本『100円のコーラ』シリーズの完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』が刊行されます。 そこで第1弾『100円のコーラを1000円で売る方法』を完全公開。勝気な主人公・宮前久美と...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません