我々はどこから来たのか?

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


もし人類が地球外生命に遭遇したら。それは至上最大の発見の一つとなり、文明が存在する限り歴史に記憶されるだろう。ニュートンの万有引力、ダーウィンの進化論、ワトソンとクリックのDNA二重らせん構造とも並び称されるだろう。そんな大発見が向こう十年から二十年でもたらされる可能性があるのだ。我々はすごい時代に生きていると思わざるを得ない。

もし人類が地球外生命に遭遇したら、「我々はひとりぼっちなのか」という問いは否定的に解決されることになる。またそれは「我々は何者か」「我々はどこから来たのか」を知るヒントにもなると先に書いた。なぜ地球外生命の発見が、これらの問いへのヒントとなりうるのだろうか?

これらはつまり生命の起源についての問いだ。約四十億年前の原始地球に、いかにして命は芽を出したのだろうか? その瞬間にカメラが回っていたら便利だがそんなわけはない。地球は地質学的に「生きて」おり、プレートテクトニクスや雨風の侵食で地表が常に更新されているから、四十億年前の記録はほとんど残っていない。

むしろ、手がかりは我々自身の中にあるかもしれない。非常に興味深いのは、地球に「レゴ・システム」が一つしかないことである。おもちゃ屋に行けば各社がレゴに似た多様なブロック・システムを売っている。しかし地球にはたった一つの「レゴ・システム」しかない。少し考えるとこれは不思議ではないか? 現代の多くの科学者は、生命が非生命から化学的プロセスで自然発生したという「化学進化説」を受け入れている。もしそうならば、たとえば自然にできる岩が様々な形をしているように、様々な種類の「レゴ・システム」が発生してもいいのではなかろうか? たとえば、D型アミノ酸とL型アミノ酸を用いる二つの「レゴ・システム」が地球上に共存していて、モンタギュー家とキャピュレット家のように交わることのない二つの生命の系統樹を成していてもよかったのではなかろうか?

僕は、これを説明する仮説はおよそ四つあると思う。第一は、生命の発生は非常に確率が低い現象である、という仮説だ。宝くじの1等が二度当たることはほぼありえないように、地球ではただ一度しか生命が発生しなかったのかもしれない。すると、我々は天文学的偶然の産物、ということになる。

第二は、過去に様々な「レゴ・システム」が発生したが、源氏が平家を滅ぼしたように、一つの系統が他を駆逐したという仮説である。もしそうならば、我々は壮絶な生存競争を勝ち抜いた種族の末裔なのだろうか。

第三は、自然発生する生命をこの特定のレゴ・システムに限るような何らかのメカニズムがある、という仮説だ。たとえば自然にガスが集まってできる星が重力の法則で必ず球形になるような、何かしらの物理的・化学的メカニズムがあるのかもしれない。すると、我々は宇宙に普遍的な現象の一事例ということになる。

第四は、生命が隕石などにヒッチハイクして宇宙からやって来たという仮説だ。これはパンスペルミア仮説と呼ばれる。海の向こうからやって来たヤシの実が孤島の砂浜で芽を出すように、宇宙から流れ着いた「種」が地球で芽を出したのかもしれない。これは地球上での生命の起源の問題を宇宙に外部委託する仮説と言える。つまり、宇宙最初の生命はどこで発生したのか、そしてそれがなぜこの「レゴ・システム」なのかという問題は残る。すると、我々は宇宙のどこかわからない場所からやってきた漂流者の末裔ということになるだろう。

我々は偶然なのか、必然なのか。我々は地球で生まれたのか、宇宙から来たのか。四つの仮説は今のところ、どれも否定も肯定もしようがない。だが地球外生命探査を進めることで、どの仮説がより真実である可能性が高いかわかってくるかもしれない。

たとえば、火星やエウロパで生命が見つかり、それが地球とは全く異なる「レゴ・システム」で出来ていたとしよう。すると、第二の仮説、つまり様々な「レゴ・システム」が生まれたが競争により一つが生き残った、という仮説が説得力を持つように思う。偶然と環境的な要因の組み合わせにより地球ではこの「レゴ・システム」が生き残り、火星やエウロパでは他のシステムが生存競争を勝ち抜いたと考えられるだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gensan_pknl @memo_gen @jh1cdv 6ヶ月前 replyretweetfavorite

hajimehomekk #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite

fukutopika いや…これを読んで「 6ヶ月前 replyretweetfavorite

nyaakingdom 良い文章だなぁ… 浪漫だなぁ… ゴールドレコードはどこまで行ったかなぁ… 6ヶ月前 replyretweetfavorite