Journey to the Center of Icy Moons?〜氷底探検

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。

では、エウロパ・ランダーの次は何か? まだ具体的な計画はない。しかし、おそらく誰もが抱くのは、かつて少年ジュール・ベルヌが抱いたのと同じ憧れではなかろうか。

「海を見たい。」

地球の海ではなく、エウロパやエンケラドスの海を。

何らかの方法で厚さ数十キロの分厚い氷を通過し、その下にある広大な海に行ってみたい。そこにはどんな世界が広がっているのか? どんな生態系があるだろうか?


エンケラドスの蒸気噴出⼝を降りるイヴの想像図
(Credit: NASA/JPL-Caltech/Jessie Kawata)


エウロパに着陸したエウロパ・ランダーの想像図
(Credit: NASA/JPL-Caltech)

最大の技術的課題はもちろん、どうやって氷の下の海に到達するかである。三つのアイデアがある。

一つ目は、氷を溶かして穴をあける方法だ。クリョボット(cryobot)と呼ばれる。一番単純な方法だが、大量の熱(つまりエネルギー)が必要であることが問題だ。 また、数十㎞の氷を貫通するためには数年の時間を要するだろう。

二つ目は回転式のノコギリで氷を削るアイデアである。溶かすよりはましだが、やはり多量のエネルギーを要するのがネックだ。

三つ目のアイデアは、既にある穴を使うアイデアだ。前章で書いたように、エンケラドスには蒸気噴出口がある。エウロパにも同様の噴出口がある可能性がある。ならばそれを利用すればいいのではないか? そんななんとも安直な発想から生まれたのが、僕が二〇一六年に研究したイヴ(EVE, Enceladus Vent Explorer )というコンセプトである。 使うのは猿のような形の小型ロボットで、手足の先端には「アイス・スクリュー」という、登山家が氷壁を登るのに使うというネジ型の器具が付いている。これを使い、アイスクライマーのように噴出口の壁を降りていく。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません