牛込の加寿子荘

牛込の加寿子荘」 第二回

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説! (『少年タケシ』2010年11月更新分より)

洗濯物はだいたい週に一度まとめてコインランドリーに洗いに行きます。

だいたい週末のお昼ころ、どっさりたまった重い洗濯かごを持って比丘尼坂を降りる。このなんてことない小道に比丘尼坂っていう名前があることを知ってからは、歩くたびにそれを意識している。
その日も私がコインランドリーに行こうとしたら、下の加寿子さんとこの玄関前にタエコさんがいました。お家賃を払いに来たのかな。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

少年タケシ

この連載について

初回を読む
牛込の加寿子荘

能町みね子

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード