収入の少ない僕が億万長者になるためにした節約とは

節約、節約って、最近はなんだか悪者扱いされている言葉ですが、実は節約を考えることって楽しいことなんです。はじめさんが日々行っている節約は、とてもシンプル。1億円を貯めるために行っている節約とは、どんなものなのでしょうか?

この連載の中でぼくは何度も自分が『節約家』であると豪語してきました。

それなのに節約について語ったのは、住居費保険妻との交際費結婚式の裏側だけでしたね(笑)

もう少し伝えたいこともあるので、今回と次回は日常の節約について書いてみたいと思います。

投資信託の積立運用もそうですが、知っている人からすれば当たり前のことを書いているだけかもしれません。だから先に、ぼくの節約に対する信念を伝えたいと思います。

それは……

・平凡な能力のぼくが億万長者になりたいのだから、周りの人と同じ行動をしていてはいけない!

・節約した額以上のリターンを得られることを信じて疑わない

の2つです。

ぼくは凡人です。残念ながら、稼ぐ能力はないのです。そんなぼくが周りの人と同じ行動をしていて、どうやって億万長者になれるでしょうか。ぼくは億万長者になりたいのだから、やはり世間一般とまったく同じお金の使い方や考え方をしていてはダメだということは常々思っています。

第2話でも伝えた通り、今月節約して貯めたお金は、積立て運用をすることにより、30年後には4倍になるだろうと思っています。だから1万円の節約は4万円、5万円の節約は20万円の節約という感覚なのです。少しずつですが確実に将来のお金の不安が解消されていく感覚で楽しみながら自分にできる節約だけを行っています。

さて、これから紹介することは、当たり前のこと過ぎて興味が無い方も多いかもしれませんが、節約しなければ投資信託の積立て運用額を増やすことは出来ません。

毎月1万円では年間12万円、10年間で120万円。仮に2倍になっても、240万円。この額では将来のお金の不安を無くすには足りないし、お金があることでの選択肢を広げることも難しいように感じます。毎月10万円の積立て運用が出来る人は少ないかもしれませんが、もし出来るのであれば毎月5万円以上捻出できる工夫をしてみてください。ぼくがこの連載で強く望むのは、収入があまり多くない人が、自分にできる範囲の節約を頑張り、そこでうまれたお金を世界分散の積立て運用に変え、10年、20年後にはお金の不安をなくしてもらいたいということです。

やらなきゃ!と思っていても、実際に行動に移すことはとても難しいことかもしれません。でもきっと、なんの取り柄もないぼくに出来たのだから、『お金の不安をなくしたい』と強く思っている人であればきっと出来ると思います。これから3回にわたる節約パートですが、お付き合いいただければ幸いです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由

井上はじめ

どちらかというとダメリーマンの筆者がどうやって1億円を貯めたのか? 意識高く自己研鑽に励み、収入アップをめざす方法ではないやり方で、老後も安心な資産形成をめざす! ユニークで誰にでもできる資産形成方法を次々と発見していく筆者は、マメに...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません