帰宅して妻にキス。ここまでは良かった。

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、1歳5カ月の息子を育てる樋口毅宏さん。2017年4月後半の日記をお届けします。前半の日記はこちらからどうぞ。

4月11日

手抜きの弁当。4ヶ月前、初めての弁当のときの意気込みはどこへ。ウインナー炒め、冷凍惣菜、チンしたご飯にふりかけ、卵焼きは入りきれないので取り止め。だけど完食。

妻は東京でくらたま主催の飲み会。田崎健太さんや中川淳一郎さんら、週刊ポストの酒井も参加していたという。いいなー。

夜、FaceTimeでおしゃべり。

「私今まで長く付き合った人全員、次男だわ」

「ふさが長男タイプだからだよ」

「長女じゃなくて?」

「長男。ふさは石原慎太郎の成分が入ってるじゃん。次男カレシはみんな、こいつはしょうがねえ奴だと思ってあきらめてきたんだよ」

「ふーん」

慎太郎みたいに隠し子を作りませんように。

4月12日

保育園と連絡ノートでやりとり。

俺「最近はモノを投げることを覚えて、そのたび注意をするのですが馬耳東風のようです。昨日も至近距離で顔面に球を喰らいました。保育園でご迷惑をおかけしていないでしょうか」

保育園「投げることが楽しい時期(?)なのかも。根比べになるかもしれませんね。
きょうはリトミックをして身体を動かした後にパズルで遊びました。
型はめモノを選んでやり始めたのですが、他のものも、お友だちのことも気になり、あれもこれも手に取っていました。ピースを落とす友だちがいると急いで拾っていました」

保育士の隙を突いて、ピースを友だちの顔にぶつけていませんように。

4月15日

よみうりテレビ「ウェイクアップ」出演のため、妻は朝5時起床。

その3時間半後、かずが泣き止まず起こされる。緩んだ哺乳瓶のキャップから零れたミルクに上半身が浸っていた。

シャワーに入れ、シーツを替えて洗濯。ようやく一段落。

妻の生出演を見る。

森友学園への国有地払い下げ問題などあるが、北朝鮮が日本の排他的経済水域に向けてミサイルを撃ってきたり、南スーダンに派遣した自衛隊PKO撤収したりと、田崎史郎が「安倍政権で良かったな」

ふいたわ 。

この爺さんはかつて名著があったが、今では安倍晋三から寿司をごちそうしてもらうケツ舐め爺さんに堕ちてしまった。

帰宅後、妻に田崎スシローを叩くよう煽るが相手にされず。

4月22日

単身東京に行き、イギリスの伝説的ロックバンド、ストーン・ローゼズの武道館公演から帰宅。

「ふさありがとな。久しぶりに東京に行って楽しかったよ」

ジーンズ越しに俺の股間を掴んでくる。

「使ってない?」

「おまえ限定だよ」

キス。ここまでは良かった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

motoji_etoile この小説家も、妻の三輪記子弁護士も、存じ上げなかったけど、文章はさすが面白いw。 > 2ヶ月前 replyretweetfavorite

Miyki_Ono めちゃくちゃ面白い 2ヶ月前 replyretweetfavorite

suisuiayaka 毎週読めば読むほど自分を客観視できる(毎回、言うまでもなく、奥様側) 今回は特に既視感しかない 2ヶ月前 replyretweetfavorite