生涯共働きこそ、いまの日本でいちばんしあわせな生き方。

好きな生き方を選べるのが、しあわせの条件です。なので、専業主婦という選択ももちろんアリです。ただ社会がものすごい勢いで変わるなかで、若いときから人的資本をすべて放棄して「生涯働かない」という人生設計は完全に時代遅れになりました。話題沸騰『専業主婦は2億円損をする』から、特別連載。日経ウーマンオンラインに、著者インタビュー掲載中!

働き方改革より、自分改革!


『専業主婦は2億円損をする』(マガジンハウス)

「生涯共働き」が最強の人生

「人生100年時代」を迎えて、ファイナンシャルプランナーのなかには、「安心して老後を過ごすには退職時点で5000万円の貯蓄が必要」などと述べて、ハイリスクな金融商品への投資を勧誘するひとがいます。しかしここで、60歳以降もそれまで培った知識や技能(プロフェッション)で年200万円の収入があり、80歳まではたらきつづけられるとしましょう。そうすると(60歳から80歳までの)20年間で4000万円の収入を得て、老後は(81歳から100歳までの)20年間に縮まります。

 この単純な例からわかるように「生涯現役」なら老後問題そのものがなくなってしまいます。夫婦そろって人的資本を維持できるなら収入はさらに増えますから、生活はますます安泰です。—そう考えれば、「生涯共働き」を超える最強の人生設計はありません。

 いまの年金制度は、「20代前半で就職して60~65歳まで40年くらい会社に勤めて、残りの40年近くをはたらいていたときに払った保険料でまかなう」というモデルですから、だれがどう考えても持続可能なわけはありません。これからは、健康寿命を80歳として、20歳から60年はたらく時代がやってきます。

 そしてどんなひとも、60年間も嫌いなことをやり続けることなどできません。逆に「好きなこと」がはっきりしているなら、これまでの経験や知識を活かして、定年後に「第二の青春」を謳歌することもできるでしょう。そのうえ、仮に日本国の財政が破綻して年金が受け取れなくなったとしても、人的資本が生み出す富で生活を支えることができるのです。

 人生100年時代の人生戦略は、いかに人的資本を長く維持するかにかかっています。そのためには、「好きを仕事にする」ことが唯一の選択肢なのです。

 60代、70代になっても人的資本を維持できるかどうかで、超高齢社会の格差はさらに拡大していくでしょう。私たちは、「好きを仕事にする」以外に生き延びることのできない残酷な世界に投げ込まれてしまったのです。

これからは女性のほうが仕事に有利

 AI(人工知能)が将棋や囲碁のチャンピオンにも勝つようになって、これからは「知能をもつロボット」に仕事が奪われてしまうのではないかという不安が広がっています。実際、自動車からコンピュータまで、製造業の多くはものすごいスピードで自動化が進んでいます。その結果、これまで工場ではたらいていた男性労働者が仕事を失って「右傾化」していくことが、先進国で大きな問題になっています。

 イギリスが国民投票でEUから離脱したのも、アメリカでトランプ大統領が誕生したのも、ワーキングクラスに失業者が増え、「中流」から脱落しかかっているからです。

 これはものすごくむずかしい問題で、どうすればいいのかの処方箋はいまのところありませんが、ただひとついえるのは、「これからは大半の男性よりも、女性のほうが仕事で有利になる」ということです。

 男性は生まれつきシステム化と空間把握能力に優れ、女性は共感するちからと言語能力にすぐれています(あくまでも「平均的には」ですが)。

 シリコンバレーのベンチャー企業を見ればわかるように、知識社会化したグローバル経済では、理系の高い能力をもつ若者(ほとんどは男性)はものすごく有利で、20代で何百億円、何千億円の資産をもつこともあります。

 しかしこういう才能にめぐまれた男性はごく一部で、先進国で顕著になったのは、ますます多くの若い男性が高校をドロップアウトしてニートになっていく、ということです。

 アメリカでは、小学校から大学まですべての学年において女子は男子より成績がよく、成績表の最低点の70%を男子が占めています。女子生徒が生徒会や部活動に積極的に参加する一方で、多くの男子生徒は停学や留年によってドロップアウトしていきます。これはアメリカだけでなく世界的に共通な傾向で、日本も例外ではありません。

 なぜこんなことになるのでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
専業主婦は2億円損をする

橘玲

マスコミから取材殺到、大反響! 新しい働き方と生き方を提案する、話題の書から特別連載。「仕事疲れた、専業主婦になりたい」。そう思っているあなた、ちょっと待って。会社は辞めても、仕事をやめてはいけません。妻が専業主婦というあなた、このま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nakapyo 女性が有利なもうひとつの理由は、 「AIロボット」 は工場の仕事をすることはできても、 教育や看護・介護など、 女性が得意とする 「共感的な仕事」 を、うまくこなすことができない からです。 https://t.co/9mCCUW899W 1年以上前 replyretweetfavorite

booksmagazine 橘玲『専業主婦は2億円損をする』から特別連載。今回は、とても大事なところをピックアップしています。「人生100年時代」の最強の人生設計は「長く働く、一緒に働く」お見逃しなく! https://t.co/T3wE7LFzYg 1年以上前 replyretweetfavorite

ak_tch 「 こちらはcakesの記事。「人生100年時代」の最強の人生設計は「長くはたらく、いっしょに働く」だという話です。 1年以上前 replyretweetfavorite