ぶりっ子を残して活かす田中みな実

アナウンサー時代の「ぶりっ子キャラ」から一転、ネガティブな本音をさらけ出すことで話題になっている田中みな実。フリーに転身して3年半、初めての情報番組のMCに就任したTOKYO MX『ひるキュン!』をもとに、田中みな実を考えます。

『バチェラー・ジャパン』を観る

20人の女性が1人の男性に選ばれるまでを追う番組『バチェラー・ジャパン』を観ている。デートを繰り返す度に、今回のデートの位置づけを男性が語る。誰それのことを深く知りたくなったとか、これまでとは違った一面を見てみたいとか、この前のデートで弱さを見せてくれたところにグッときたとか、あまりに表層的な言葉の羅列に驚くのだが、表層的な言葉を積もらせることに躊躇いがない主人公でないと、この手のエンターテイメントは成立しないのだから、まったく適当な人材なのだろう。

この男性が役員を務める大手ネット企業に何度かお邪魔したことがある。とにかくたじろいだのが、エレベーターに乗り込んでくる人たちが、その直前まで続けていたテンション高めの会話を維持したまま乗り込んでくること。あの狭い空間に対する躊躇いのなさに驚いたのだが、ものすごく適当なことを言えば、あれこれ躊躇っていてはいけない厳しい世界なのだろう。「来月までに結果出せ」みたいな世界の力学は、「あっ、もう6月か」と6月2日に気付くこちらの力学とは相反する。だからこちらは、あちらを理解しようともせず、「中の人たちの様子を確認せずにエレベーターで会話を続行するなんて傲慢」と結論づけたりする。あちらはこちらをどうやって結論づけるのだろうか。視界に入ってすらいないのかもしれない。

佐藤藍子のグルメ遍歴
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

発売即重版! 武田砂鉄さんの新刊です。

日本の気配

武田砂鉄
晶文社
2018-04-24

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

vaingloryCH この記事を読んだら見てみたくなったので、バチェラー2見てみよ。 https://t.co/wgozvU9mXZ 3ヶ月前 replyretweetfavorite