色気づいている高齢者がウザい」「生殖なきを生きる意味はあるの?」—カテゴライズってなんだろう?

週刊誌の「死ぬまでセックス」特集の中吊り広告、介護施設での色恋沙汰……。それらの報道を見て「高齢者が性を追及する意味はあるの?」とネガティブなイメージを抱く人もいるでしょう。しかし現在の日本では、むしろ「生殖なき性」を生きている人のほうがマジョリティかもしれません。「生殖」というカテゴリーにこだわって「生殖なき性」を無意味なものと考えていませんか?  『孤独とセックス』では“当たり前”とされる価値観に斬りこみます!

●性的マイノリティ② 高齢者の性

障がい者と同様、高齢者というカテゴリーに対しても、様々な社会的スティグマが付随しています。

18歳の男子から見れば、65歳以上の高齢者、そして75歳以上の後期高齢者に対しては、「世代間対立」「老後の貧困」「老害」といったネガティブなイメージしか抱けないかもしれません。

そして高齢者の性に関しては、それに輪をかけてネガティブなイメージが湧き上がるかもしれません。週刊誌の「死ぬまでセックス」特集の中吊り広告、介護施設での色恋沙汰、高齢者による児童買春やストーカー事件などの報道を見て、「色気づいている高齢者がウザい」「生殖なき性を生きる意味はあるの?」と思っている人もいるかもしれません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
孤独と性をめぐる11のレッスン

坂爪真吾

高校の三年間、友だちは一人もできなかったし、恋人も作れなかった。恋愛もセックスも何一つできなかった。一発逆転を賭けて東大を目指すも、センター試験は全教科白紙で提出。すべてから逃げ出した坂爪少年は「卒業式が終わったら、自殺しよう」と決意...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

whitehands_jp 今回のテーマは「つながるためのカテゴライズ」です。 2年以上前 replyretweetfavorite