もしも75歳のおばあちゃんが「BL漫画」に出会ってしまったら

あなたが好きなものは、だいたい人と同じですか? 全然違うものですか? 先日、発表されたある著名人の告白を受けて、いま読んでもらいたい漫画を一冊。鶴谷香央理の『メタモルフォーゼの縁側』。「自分の好きなものをこれまで隠していた」女の子が主人公の物語です。
「京大院生が選んだ人生を狂わす名著50」がリニューアルして連載開始。

先日、とある著名な女性が「いま好きな女性がいる」とネット記事で述べられていた。

 その発表を見たとき、わたしは少し驚いて、その後「はぇー、素敵なことだなぁ」としみじみ思ってしまった。ああ、時代はこうやって変わっていくんだ、と感じたのだ。
 誰かや何かのことを好きで、そのことを隠さなくてはならないというのは、どこか後ろめたくてやっぱりしんどい気がしてしまう。もちろんこれは外野の意見で、当の本人からすれば大きなお世話だろうが、それでも自分の「好き」について隠しても隠さなくてもいい状況であったほうがいいよなぁと思う。隠すにしても隠さないにしても選択肢を両方持っていたい。そもそも誰かの「好き」にケチをつける権利なんて、誰にもないはずだろう。
 人は変わるし、時代は変わる。
 誰かが、誰かや何かのことを好きという気持ちを隠さなきゃいけない時代なんて、はやくずっと前のものになればいい、とわたしは思う。

 前置きが長くなったけれど、最近わたしが読んでいる漫画は「自分の好きなものをこれまで隠していた」女の子が主人公なのだ。そしてこの漫画は、「何かや誰かのことを好き」という気持ちから人が少しずつ変わっていくさまを、丁寧に丁寧に見せてくれているのである。

 しょ、紹介したいっ。ので、する。


75歳がBL漫画に恋をした!おばあちゃんと冴えない女子高生の変身物語

『メタモルフォーゼの縁側』鶴谷香央理
(角川書店)

 物語は、75歳のおばあちゃんが「BL漫画」に出会う場面から始まる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mjgug #SmartNews これも気になる https://t.co/o09cU2iD8a 10ヶ月前 replyretweetfavorite

BLCOIN 今のうら若き腐女子達はおばあちゃんになってもBL好きでいられるかな? https://t.co/bAKOhQSz9l 10ヶ月前 replyretweetfavorite

m3_myk 【】 cakes連載再開第2回目は、 📕『メタモルフォーゼの縁側』(鶴谷香央理、角川書店) をご紹介してます! メタモルフォーゼって変身って意味なんですよね…。 https://t.co/UrjPVRoZz1 10ヶ月前 replyretweetfavorite

hiro_MtF これは面白そう。 #スマートニュース 10ヶ月前 replyretweetfavorite