やさしすぎると、かえって相手に伝わらない理由

自分が何か意見があったとしても、他の人に気を遣いすぎてなんとなく意見が言えない、という方もいらっしゃると思います。やさしすぎるのかもしれませんが、逆に相手からよくわからない人と思われてしまうこともあるかもしれません。書籍『会社・仕事・人間関係 「もう、何もかもしんどい」と疲れ果てたときに読む本』より、限界になる前に自分を守る方法を紹介します。



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
会社・仕事・人間関係 「もう、何もかもしんどい…」と疲れ果てたときに読む本

黒川依 /石原加受子

「仕事が嫌だ」「人間関係がきつい」「やる気も失せた」……。しんどい時期は、頑張ろうと思うほど、気持ちも体も動けなくなってしまいます。でも、その「頑張ろう」と思う気持ちが、かえって自分を疲れさせてはいないでしょうか? 累計100万部のベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Pizzae_a 自分の生き方に芯がないからこうなる。→ 2年以上前 replyretweetfavorite

t_kikunaga 割と普通のお話だった。 2年以上前 replyretweetfavorite

you_lewis #SmartNews 優柔不断を良い方に捉えるとこういう解釈ってだけの話では… https://t.co/JGkGkToeuc 2年以上前 replyretweetfavorite

34colorchoice79 気をもん… https://t.co/6itn4O18se 2年以上前 replyretweetfavorite