瑞々しさと自然な甘み、鮮度が大事な「アスパラのリゾット」

今回取り上げる旬な食材は「アスパラガス」。毎年北海道からアスパラを取り寄せるという馬田草織さんが提案するのは、アスパラの美味しさをふんだんに活かした「アスパラのリゾット」。魚介類並みに鮮度が大事だというアスパラのレシピ、ぜひおためしください!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

突然ですが、アスパラガスの畑って見たことありますか? 畑から、あの"アスパラ"が唐突にすっくと伸びている様子は、逞しいけどなんだかユーモラス。生き物っぽさを感じて、思わず笑ってしまいます。その場でとれたてを食べると、瑞々しくて皮も柔らかく、自然な甘味があるんです。生でもいけることに驚きます。畑では立って生えている野菜だから、冷蔵庫でも立てて保存するのがベスト。でも、できれば保存せずに、買ったらすぐ食べたい。魚介類なみに鮮度が大事な野菜です。

瑞々しいアスパラが店に並ぶこの季節、我が家では北海道から取り寄せたアスパラを新鮮なうちに食べるために、茹でたり焼いたり揚げたりとあれこれ試します。連日アスパラフェス状態。うま味成分であるグルタミン酸やアスパラギン酸が豊富だから、余計なことをしなくても素材に十分に力があるわけで、すっぴんで勝負できる健康的なお姉さんって感じ。でも、いつもすっぴんだと飽きるわけで、ちょっと感じを変えて食べたいときもある。

アスパラの味をシンプルに楽しみつつ、一皿でつまみ兼主食を兼ねるなら、やっぱり米メニューが便利。今回は、白ワインに合わせたくなるリゾットでご紹介します。一番のポイントは、昨年同様アスパラのゆで方。むいた皮も一緒にゆで、ゆで汁も使います。そうすれば、なんとなくアスパラが飾りで入っているのではない、アスパラが主役の、野菜のうま味がぎゅっと詰ったリゾットになります。

ちなみに、もしやと思って昨年の今頃を振り返ってみたら、やっぱりアスパラメニューをご紹介していました。昨年は「アスパラガスのゆで卵ソース」。連載していると、書いている人間の食の嗜好パターンが透けて見えますね。なんだか恥ずかしいものです。

では、アスパラでパパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「アスパラのリゾット」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

as_assa_as 今日の夕飯でつくったこれ、めちゃくちゃ美味だった😍アスパララバーとしてはたまらん!!またつくろーっと 約1年前 replyretweetfavorite

26260909 読むだけでもう美味しい(*´꒳`*) 約1年前 replyretweetfavorite