俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

<奇跡の30歳を探す旅 2>歌舞伎町に現れた“三十路の妖精”をつかまえに行く

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 売れっ子を見れば、その店のレベルや客層がわかる。ましてや、年端もいかない小娘ではなく、年を重ねたキャストが売れっ子の店は、安心して楽しむことができる。この連載が始まって以来、あまたの店や女のコを取材してきた俺が導き出した法則のひとつだ。

 今回は、日本一の繁華街・歌舞伎町から「奇跡の30歳を探す」という30周年記念ミッションをお届けしたい。不肖・苫米地が33歳で始め、足掛け10年。本稿での“美女探しの旅”史上、最も難易度が高い指令なのは言わずもがなだ。

 訪れたのは区役所通りはロサ会館付近。このあたりは高級キャバクラが軒を連ねており、最も歌舞伎町らしいと言っていい通りだ。

 その中でも“名門中の名門”、“伏魔殿”などとプロアマ問わずその名が轟く娯楽の殿堂、「チェックメイトビル」が今回の舞台だ。

ひと目会ったら虜!? 40代に大人気嬢来る!

 銀色に鈍く光る、重い鉄扉を開くと異様な熱気。「今日は遊ぶぞ!」と言わんばかりに気合の入った男性客もちらほら。それを迎え撃たんとするキャストの女のコのレベルも高い。

 そんな同店で店長氏が強力にすすめてくれたのは、中年男性から若い男子まで、一度席につくと虜にしてしまう売れっ子だという。

「こんばんは~、ウフフフ」

入店して1年のゆなさん。幅広い話題づくりと細かい気配りが、おっさんにとどまらず、20代の男子にも人気なんだとか

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード