ようこそ、夢工場ラムレスへ

【管理人の夢㉑】最終話
完全に夢の管理人を引き継いだのち、現実の世界では銀行を辞め、新しい一歩を踏み出すこととなった。そして私は、今日も夢工場を訪れる人々を待っている。いつか次の管理人になるはずの〝彼〟が現れるのを待ちながら……
<WEAVERの河邊徹がドラムスティックからペンに持ち替えて描いた作家デビュー作!>


イラスト:堀越ジェシーありさ



 辛かった一年が過ぎ、また春がやって来た。

 ちょうど心に決めていた三年がたつので、私はこの春、辞表を出して銀行の仕事を辞めた。

 嬉しいことに、支店長は寂しそうにしてくれていた。優妃ちゃんも、無表情ながらも、ちょっとだけ別れを惜しんでいるように見えた。崎田も形式的ではあったが、別れの挨拶をしてくれた。

 私はまだあの一件を許していないので、彼に対しては心を閉ざしたままである。

 無職になる予定の私だったが、大学時代の友達で、漫画の専門学校の事務をしている子に「私、もう次の春で仕事辞めるんだー。仕事探さなきゃ」と話していたら、「そうなの? うちの経理の人が退職するらしくて、人探してるって言ってたよ。裕子のこと、紹介してあげよっか?」と言ってもらったのだ。

 軽い面接などがあって、春からそこで働くことがトントン拍子で決まった。幸運なことに、とりあえずは仕事に困らずに済みそうだ。数は少なくとも、持つべきものは友達である。

 新しい職場は、大きなビルの中に様々な科がある専門学校のようで、夢を追いかける若者がたくさん出入りしている。それを見ていると、私も自然と夢を追いかけてみようかという気持ちになる。

 私は初めて夢工場に来た日に構想を練っていた、冒険漫画を描いてみたいと思った。業界の人の話を聞いていると、SNSで漫画を上げて、そこで話題になってから出版する人もいるらしい。

 私が以前漫画を上げていたアカウントを見せると、フォロワーがかなり多い方らしく、才能あるんじゃない、とお世辞までいただいてしまった。簡単なことではないだろうが、仕事をしながらでも色々挑戦してみようと思う。

 誰も想像だにしないことが、世の中には起こるものだ。こんな私が、みんなの夢のもとが作られる夢工場の管理人をしているなんて、誰が想像するだろうか。

 夢は、ほとんどの人がすぐに忘れてしまうが、誰もが毎日のように見ているものでもある。そんな視聴率百パーセントのものを自分が管理していると思うと、ふと、これは自分にはちょっと大役すぎないかと思うこともある。人に言っても信じてもらえないだろうが、いずれにせよ人には言えないことである。

 また、そんな秘密を抱えることが、なんとなく嬉しくなったりする私は、小学生の頃と何も変わっていないのだなと思って笑ってしまう。

 毎日「モニター」で夢を監視していても、管理人の仕事が辛いと思ったことは一度もなかった。色んな種類の夢をみんなが見ているので、飽きることなく、毎日新しい発見がある。

「ロビー」で訪問者と話す時間も、刺激的で楽しい。悩みを抱えてやって来た人の力になれるのは、とてもやりがいのあることだった。またいつか、大人になったマサキくんがここを訪れる日が来るかもしれない。それまでにもたくさんのドラマがあると思う。

 私は次の人に引き継ぐまで、夢の世界を守り続けよう。

 夢工場へ続く青い扉は、どの夢にも必ず存在している。誰も気づかない場所で、ひっそりと息を潜めている。

 今日も、その存在に気づいた人が夢工場にやって来る。

 私は胸を張って挨拶しよう。

「ようこそ、夢工場ラムレスへ。ここは夢の要素が作られ、送られる場所。私は、夢の管理人です」

              【END】

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
夢工場ラムレス

河邉徹

WEAVERのドラマー・河邊徹の作家デビュー作。バンドで作詞を担当してきた河邊の 〝言葉の世界〟をドラムスティックからペンに持ち替え、描いた「夢」をテーマにした長編作。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません