第5回】 名門エール大学の学生に聞く 「将来は日本とアメリカで働き、両国の架け橋になりたい」

先日、エール大を訪れて学部生たちと触れ合い、多くを学んだ。まず彼らに、率直にアメリカの大学生活の楽しさを聞いてみた。今回から、彼らの声をいくつか、読者の皆さんとシェアしていきたい。


筆者の向かい側に座っているのがミア・ニシカワさん

田村耕太郎 連載第1回はこちらをご覧下さい
田村耕太郎 連載第2回はこちらをご覧下さい
田村耕太郎 連載第3回はこちらをご覧下さい
田村耕太郎 連載第4回はこちらをご覧下さい

音楽を専攻しながら法学関連のクラスも取れる

 先日、エール大を訪れて学部生たちと触れ合い、多くを学んだ。まず彼らに、率直にアメリカの大学生活の楽しさを聞いてみた。今回から、彼らの声をいくつか、読者の皆さんとシェアしていきたい。

 最初は、両親が日本人である日系アメリカ人のエール大学学部2年生、ミア・ニシカワさんの声を紹介したい。英語と日本語で併記したので、英語の勉強にもなると思う。

***

田村: なぜアメリカの大学に行こうと思ったのですか? ご両親は日本の大学を勧めなかったのですか?

ニシカワ: まず、私はアメリカで生まれ育ったので、日本の大学に行くことは考えていませんでした。また、長期的な目標が、一般教養の教育を4年間受けて、アメリカで就職することだったからです。具体的に言うと、日本では最初から専攻を決めて入学し、一般教養の後、2年間の専門教育と聞いています。アメリカでは、4年間一般教養を受けることが可能です。

<My parents never pushed me to go to daigaku. I think both my parents and I knew that it would not make sense to go to college in Japan, as going to a Japanese university would not align with my long-term goals – to pursue a liberal arts education (unlike the specialized studies at Japanese universities) and to work in the United States.>

田村: 日本の大学とアメリカの大学はどこがどう違うと思いますか?

ニシカワ: たくさんの相違点があると思います。大きく分けると、教育課程と大学生活の2点に絞ることができます。

 まず、アメリカでは教授と学生の距離がたいへん近く、教授は親しみやすい存在です。気軽にいつでもいろいろなことを相談に行くことができます。第二に、アメリカでは寮生活をするので、学生間の絆が強くなります。後で詳しく説明します。

<I think there are many differences between U.S. colleges and daigaku, but I would boil them down to two points: academics and college life. As for academics: in the U.S., on top of the 4-year liberal arts education, the proximity between students and professors is a unique feature – I have really enjoyed the fact that professors have invited me over for dinner, where I have engaged in a variety of conversations (both formal and casual). In terms of college life, dorm-life in the United States is very different from the commute-to-school-from-home attitude in Japan. I'll elaborate on dorm-life below.>

田村: 率直に言って、アメリカの大学に在籍して幸せですか?

ニシカワ: 私はエールでの生活をとても満喫しています。向上心溢れる友達との出会い、真夜中の討論、ゴシック様式の建築、留学の機会、そして夏休みのインターンシップの機会にも恵まれています。

<I love being here at Yale. Being surrounded by ambitious people, midnight conversations and debates, the Gothic architecture, the opportunities abroad, and the variety of summer internship opportunities that Yale features have all been elements that I have treasured.>

田村: 音楽を専攻しながら法律も専攻していると聞きましたが?

ニシカワ: エール大学の場合、音楽専攻や法学準備(PRE-LAW)の専攻はありません。ですから私の場合には、エール音楽院(修士課程)の教授からピアノ個人レッスンを3年間受けています。さらに、音楽部から音楽史や音楽理論などのクラスを取りました。また、法律関連のクラスを取ることも可能です。

<At Yale, you cannot major in pre-law studies or piano performance, but you can take law related classes and major in musicology. I have taken law-related classes at Yale, and I have taken three years of piano lessons with a professor at Yale's School of Music along with music classes at the undergraduate music department.>

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

現代ビジネス

この連載について

初回を読む
田村耕太郎「シンガポール発 ASEAN6億人市場が世界を動かす!」

田村耕太郎

世界最高の高等教育を誇るアメリカをはじめ、シンガポール、インド、中国、ヨーロッパ、そして日本は、グローバルで戦うために、いかに「知」を鍛えているのか。各界で国際的に活躍する人材は、どうやって自分を磨いているのか。各国の名門校で学び、世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません