メイド・イン・ジャパン」は安かろう悪かろうという意味だった

「メイド・イン・ジャパン」と聞いて、今、あなたはどう感じますか? 外国ではどう思われているでしょうか? どこの国の製品であるかは、商品のイメージを良くすることも悪くすることもあります。そして、そのイメージは、時が経つにつれて変化することもあれば、受け取る相手によって全く違うものであることもあります。国や場所のイメージがモノに与える「原産国効果」について考えます。

最近、ほんとうに外国人観光客が増えましたね。小売の現場では、こうした新しいお客さんに対応するために、さまざまな工夫をしています。例えば、オニツカタイガーというスニーカーが外国人観光客にとても売れています。オニツカタイガーを売っているお店には「日本製」とか「Made in Japan」というポップを貼っていることが少なくありません。日本人からすれば、あまり意味がないかもしれませんが、外国人観光客からすれば、大事な情報なのでしょう。

今日は、この「メイド・イン・○○」について考えてみましょう。「メイド・イン・ジャパン」であることは、高品質の証であると多くの人が認めるところでしょう。しかし、かつて「メイド・イン・ジャパン」が持つイメージは、「安かろう悪かろう」というものでした。

戦後、敗戦国になった日本がアメリカに輸出していたのは、ブリキのおもちゃや、飾りのついた爪楊枝などでした。そういうものには「メイド・イン・ジャパン」(あるいは「Made in Occupied Japan」)と書いてありました。当時のアメリカ人からすれば、こういったモノは「貧しい国から輸出された粗悪なモノ」というイメージでした。

そういったイメージが変わったのは、ソニーやトヨタ、ホンダといったメーカーが高品質な製品を輸出し世界市場を席巻したからです。そのあたりの経緯は、ソニーの創業者の盛田昭夫さんの自伝に詳しく描かれています。30年前に書かれたこの本のタイトルは、まさに『MADE IN JAPAN―わが体験的国際戦略』というものでした。

ところで『バック・トゥ・ザ・フューチャー』という映画を見たことがありますか?1985年から1990年にかけて3作制作された大ヒット映画です。マーティという高校生とドクというちょっと変わった科学者が、タイムマシンで過去や未来を行き来するというストーリーです。その第3作の1955年のシーンで「安物を使うからだよ。ほらMade in Japanだって」と言ったドクに、マーティは「なに言ってんのドク?すごいモノはみんな日本製なんだよ」と言い返しています。それを聞いたドクはただただ驚くのでした。

1985年を生きるマーティからすれば、日本といえば、クールなプロダクトを作ってくれる国です。しかし1955年を生きるドクからすれば、日本製と言えば粗悪なものでしかないのです。この映画が作られた当時が日本経済の絶頂期であることを考えると、このやりとりの歴史的意義が見えてくるはずです。

このように国や場所のイメージは、そこで生産されているモノに反映されることがあります。これを原産国効果(Country Of Origin Effect)と呼びます。国際マーケティングの分野では、原産国効果について非常に分厚い研究あります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

博報堂ケトル・嶋浩一郎さんとの共著もおすすめです!

この連載について

初回を読む
今さら聞けないマーケティングの基本の話

松井剛

何気なく使っているマーケティング用語。そのことばの裏には、あなたのビジネス、さらには世の中の見方を変える新たな視点が隠れています。一橋大学経営管理研究科・松井教授が、キーワードをゆったりと、しかし的確に解説するこの連載。他人の成功体験...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

guriswest 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』にそんなシーンが。また見たいなぁ。 2年以上前 replyretweetfavorite