第4回】小笠原道大(96年日本ハム入団)

ダイヤの原石を発見し、口説き落とし、育て上げる。プロ野球チームを陰で支えるスカウトたちの眼力と技術力と人間力は、どんな組織にも通用する知恵の宝庫だった! 最終回となる今回のcakesでは、小笠原道大選手を大成させた、日本ハムのスカウト田中幸雄氏、三沢今朝治氏両名のエピソードをご紹介。

得難い長所を活かすためにコンバートする 

 スカウトの役目は、選手と入団契約を結んだ時点で終了する。ところが、彼らは入団後の選手生活にも深く関わっている。本来、選手を指導するのは監督やコーチの役目である。だがスカウトは選手の技術的な長所、短所、性格、家族環境、生い立ちなど、すべてを知っている。

 守備はお粗末だが、打撃が捨てがたい選手に、未経験のポジションを守らせ成功したケースがある。一種の博打だが、コンバートに成功して、2000本安打を達成したのだから驚きである。彼の名は日本ハム(後北海道日本ハムファイターズ)、読売巨人軍で主軸を打った小笠原道大である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
人を見抜く、人を口説く、人を活かす

澤宮優

ダイヤの原石を発見し、口説き落とし、育て上げる。プロ野球チームを陰で支えるスカウトたちの眼力と技術力と人間力は、どんな組織にも通用する知恵の宝庫だった! 伝説の名スカウトたちに学ぶ、口説きの奥義。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kadokawaone21 cakes更新!「人を見抜く、人を口説く、人を活かす」最終回となる今回は、小笠原道大選手を大成させた、日本ハムのスカウト田中幸雄氏、三沢今朝治氏両名の「人を活かす力」をご紹介。 4年以上前 replyretweetfavorite