柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和「レトロゲームファクトリー」第13回

レトロゲームを最新機用に移植する会社「レトロゲームファクトリー」。社長の灰江田直樹とプログラマーの白野高義(コーギー)は、ある日、業界大手・白鳳アミューズメントの山崎から仕事の依頼を受ける。それは、ファミコン時代の伝説のゲーム「UGOコレクション」全十本の移植。ただ、この実現には大きな障害があった。最後のゲーム「Aホークツイン」の権利だけを買い取った、開発者の赤瀬裕吾が行方不明になっていること。そして現在、その海賊版が出回っていること。二人はまず海賊版開発者を誘き出す。
電子書籍文芸誌「yom yom」に掲載中の人気連載を出張公開!

 十四時五十五分。ベルの音が響き、ドアに目を向けた。二十代後半の女性が入ってきた。珍しいなと灰江田は思う。レトロゲームだらけの喫茶店など、普通はマニアックな趣味を持つ年配の男しかやって来ない。灰江田は、扉の前に立つ女性を観察する。大きな眼鏡。少し幼く見える丸顔。髪は暗めの茶色でパーマがかかっている。体は華奢で、こざっぱりした服装をしている。そして、大判の図鑑でも入っていそうな鞄を肩から提げていた。彼女は、顔と目を左右に動かしている。なにか探しているのか。そう思ったあと、灰江田は慌ててコーギーの腕を突いた。
「なんですか、灰江田さん」
「おい、もしかして彼女じゃないか」
「なにがですか」
 そう答えたあと、コーギーも気づいたのか驚く顔をした。灰江田はコーギーに耳打ちしてメールを書かせる。到着が遅れるから窓際の席で待っていて欲しい。灰江田自身はカメラアプリを起動して、動画モードにして立ち上がった。
 女性の鞄からメールの着信音が響く。彼女はスマートフォンを出して確認する。灰江田は背後に回り、女性の手元を撮影する。
「あんたがサイレントベルだな」
 そのまま顔をフレームに入れて、画面と顔を記録したと告げる。さらに、ウェブ魚拓に海賊版のページを記録したと伝えた。そこには、いま受け取ったメールのアドレスが掲載されている。女性はしばらく口をぱくぱくさせたあと、鋭い目つきで灰江田をにらんだ。灰江田は、彼女をテーブル席に促して、奥の座席に座らせる。
「おいっ、コーギー。ノートパソコンとスマホを持ってこい」
「はい」
 女性が逃げられないように灰江田は隣に座り、その真向かいにコーギーが座る。コーギーは、女性にスマートフォンを見せる。Aホークツインの海賊版が表示されている。
「これを作ったのはあんたか」
 灰江田は、顔を寄せて威圧的な態度を取る。さらに、コーギーのノートパソコンも見せて、やり取りしたメールを読み上げさせた。眼鏡の女性は、唇を噛んだあと声を漏らす。
「赤瀬裕吾さんは、どちらですか」
「あの人は、ここには来ねえよ。どこにいるか俺たちも知りたいぐらいだからな」
 女性は、口をぽかんと開けたあと、がくりと肩を落とす。どうやら本気で落胆しているようだ。赤瀬に会えると信じて疑っていなかったらしい。さすがに、ここまでがっかりされると悪いことをした気になる。灰江田は咳払いをして、いつもの口調に戻った。
「俺は灰江田直樹だ。レトロゲームファクトリーという会社をやっている。こっちのちっちゃいのは白野高義。うちのプログラマーだ」
 灰江田は名刺を出して渡す。それとともに山崎の名刺も見せて、白鳳アミューズメントの依頼で海賊版の件を調べていると説明した。
「あんたの名前を教えてくれ。ちなみに嘘を吐いても無駄だ」
 自身のスマートフォンを指す。先ほどの動画が入っている。女性は、眉間にしわを寄せたあと、不承不承といった体で答えた。
「鈴原静枝(すずはらしずえ)よ」
「静かな鈴で、サイレントベルというわけか」
「そうよ。さぞ、気持ちいいでしょうね。私を騙すことができて」
 静枝は不快そうに言った。サイレントベルは女性だった。いまどき女性プログラマーはいくらでもいる。しかし、古いゲームの海賊版を作っていることから、ゲーマーの男性だろうと先入観を持っていた。
「それで鈴原さん」
「なんですか」
 言葉遣いは丁寧だが、声には憎悪がこもっている。灰江田は、怒りに巻き込まれないようにしながら話を続ける。
「あんたは、なんのために海賊版を作って配布していたんだ。価格は無料。広告もつけていない。変な権限もない。アプリで儲けようって意図ではなさそうだ。それに腕の立つプログラマーらしい。遊び半分に犯罪を試してみたってわけでもないだろう」
 灰江田は、極力優しい声を出して、答えを待つ。静枝は、しばし沈黙したあと口を開いた。
「目的は、赤瀬裕吾さんとコンタクトを取るためです」
 コーギーの読みどおりか。ということはAホークツインの権利が、赤瀬にあるということを知っている可能性が高い。灰江田は素早く考えを巡らせる。当時の関係者か。しかし目の前の女性は二十代後半だ。その頃は、まだ生まれたかどうかの年齢のはずだ。
「鈴原さん。あんたなぜ、赤瀬さんとコンタクトを取ろうと思ったんだい」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年6月号は連続特集「『ポケモン』から20年と未来の日本ゲーム」、俳優・藤原祐規さんインタビュー、恒川光太郎さんと伊藤朱里さんの特別短編など。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.50(2018年6月号)[雑誌]

米光一成,さやわか,吉野万理子,恒川光太郎,伊藤朱里,藤原祐規,千早茜,尾崎世界観,三上延,中江有里,柳井政和,柏井壽,最果タヒ,宮木あや子,武田綾乃,町田そのこ,瀧羽麻子,門井慶喜,中山七里,東川篤哉,堀内公太郎,垣谷美雨,ふみふみこ,鴻巣友季子,新納翔,砂田麻美,カレー沢薫,こだま,新井久幸
新潮社
2018-05-18

この連載について

初回を読む
柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和 /新潮社yom yom編集部

失踪した伝説的ゲームクリエイターの謎を追え――。 『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』で小説家デビューを果たした プログラマー・ゲーム開発者が贈る、本格ゲーム業界小説! 電子書籍文芸誌「yom yom」に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ruten 小説『レトロゲームファクトリー』のcakes連載第13回が、金曜日に公開されました。ゲーム好きの人も小説好きの人も是非。 https://t.co/HgxzUYEUbr #cakes #小説 #ゲーム #レトロゲーム https://t.co/gHoNXjRksY 12ヶ月前 replyretweetfavorite