第3回】松坂大輔の場合(98年西武入団)

ダイヤの原石を発見し、口説き落とし、育て上げる。プロ野球チームを陰で支えるスカウトたちの眼力と技術力と人間力は、どんな組織にも通用する知恵の宝庫だった! 今回のcakesでは、松坂大輔投手の心をがっちりとつかんだ、横浜のスカウト稲川誠氏のエピソードをご紹介。

熱意が大物を動かす

 平成の怪物、松坂大輔。横浜高校時代に選抜大会、夏の全国選手権大会で優勝。高校生で152キロの球を投げていたという豪腕だった。西武ライオンズ入団1年目から16勝を挙げ、最多勝利投手。通算3回の最多勝、最優秀防御率2回、最多奪三振4回、沢村賞、新人王を受賞した。後にメジャー・リーグに移籍して、レッドソックスの1年目に15勝、2年目には18勝3敗、防御率2.90という成績を挙げた。

 彼が高校時代に希望した球団は横浜ベイスターズであった。
 ドラフト会議前にも「僕は横浜しか行きません」と自身の口から語っていた。松坂をそう言わしめたのは、横浜のスカウト稲川誠の熱意が大きかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
人を見抜く、人を口説く、人を活かす

澤宮優

ダイヤの原石を発見し、口説き落とし、育て上げる。プロ野球チームを陰で支えるスカウトたちの眼力と技術力と人間力は、どんな組織にも通用する知恵の宝庫だった! 伝説の名スカウトたちに学ぶ、口説きの奥義。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント