わたしの咀嚼(そしゃく)した本、味見して。

「京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50」がリニューアル。だがしかし、人生を狂わせてばかりもいられない(私も好き好んで他人の人生を狂わせているわけでもない……!)。「そろそろ人生狂わす本以外の本も書評しましょう!」という穏当な方向性で話がまとまりました。
というわけで記念すべき第1回は、最近、三島由紀夫賞を受賞したばかりの作品です。古谷田奈月さんの『無限の玄』。

改めまして、わたしは本が好きで、ほぼ毎日本を食べて生きている京都の大学院生「三宅香帆」と申します。

  ……これだけで自己紹介を終わらせてもいいんですけれど。
 そういう訳にもいかない。
 というわけで、はじめまして! あるいはこんにちは! またお会いできた方には、嬉しいです、ありがとうございます。昨年『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)という書評本を出版させていただき、その連載をcakesさんに載せていただいていました。
 この『人生を狂わす名著50』では合計200冊の本を紹介させていただいているのですが、この本が出版されてから、たまに聞かれることがあります。

「なんで香帆ちゃん、そんなにたくさん本読んでるの?」
 え、だってさ。わたしはこう答えたくなります。
「おいしいから」。

 心の底からおもしろい本って、そこはかとなく背徳感のある美味しさがあるんですよね。
 ひとりで大好きな小説を味わうのは、そう、たとえば深夜にひとりでハーゲンダッツを食べるのと同じ感覚。ちょっとした罪の意識。
 あなたがハーゲンダッツを食べる時って、どんなふうに食べますか。
 わたしはですね、まず冷凍庫できんきんに冷やしてから、ぺろっと蓋を開けて(蓋についたアイスを少しだけすくって、ってお行儀悪くてごめんなさい……)。最初はアイスの表面が硬いんだけど、すこし時間が経てば表面がとろっと溶けてきて、はぁおいしい~と舌でとろとろ味わって、最後は「あー終わってほしくない」って悲しんで、食べ終わる。おいしければもっかい同じ味を買っちゃう。

 本も同じです。
 最初はどんな味なんだろうとページを開いて、やっぱり噛み応えがあることが多くて(だって文体や設定に慣れてないと読みづらい)。
 でも途中からするっと頭に入ってくる。あああおいしい、と悶える。そして「終わらないでくれ……」と懇願する。だけど最後は「うう、おもしろかったよ」と嘆きつつ、読み終えちゃう。まぁ、あまりにおいしかったらもう一度読み返しますけどね!
 消化不良を起こす本もあれば、もうちょっと噛み応えがあってもいいのになと拗ねる本があって。逆に「この味! この味が欲しかったの!!」と感動できる本もある。とにかくどんな本でも、口の中に入れて舐めて味わって、咀嚼して。私はそんなふうに、毎日を過ごしています。そして日々本を噛んで舐めまわして呑み込んでいると、自分が味わうだけじゃ足りなくなります。

 欲が出る。—あなたにもこの味を知ってほしい、って。
 だから、ちょっとだけ。ちょっとだけ味見してみてほしいのです。わたしが「おいしい!」と思う本を。おいしい本を、一緒に食べてほしい。なんならわたしが食べて咀嚼し終わったその本を、食べてほしい。ていうか、食べて。ねぇ、わたしの咀嚼した本、味見しませんか?


「男の呪い」を描いた傑作。祝・三島賞!『無限の玄』古谷田奈月

 というわけで今回ご紹介したいのは、古谷田奈月さんの『無限の玄』。最近、三島由紀夫賞を受賞したばかりの作品です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bear_yoshi めっちゃわかる……。「人は、そこに「ある」ものよりも、「ない」ものに、縛られてしまう」 / 「男の呪い」を描いた傑作。祝・三島賞!『無限の玄』古谷田奈月|三宅香帆 @m3_myk 7ヶ月前 replyretweetfavorite

RIME3726 すごい連載に出会ってしまった…!!! 7ヶ月前 replyretweetfavorite

ikb 祝・連載再開。 初回は「無限の玄」、『「男の呪い」を描いた傑作』か〜。 男の生きづらさとミソジニー、ついでにネ… https://t.co/bh3eEBWqfl 7ヶ月前 replyretweetfavorite

izaken77 毎回楽しみにしていた三宅香帆さんの書評連載がリニューアル。一見難しそうな本も三宅さんのテンポのよい文体でぐいぐい引き込まれる。< 7ヶ月前 replyretweetfavorite