Q.マタハラにあい、産後1年以上たった今も、忘れられないのですが…

妊娠中に、上司に怒鳴りつけられるというマタニティ・ハラスメントを受けた、相談者さん。職場を離れ、1年以上の月日が経つのに、そのことが忘れられないそうです。
元メンヘラで現ハッピーリア充のスイスイさんが、理不尽な相手との付き合い方について考えます。

スイスイさんに相談したいお悩みを募集中。メンヘラ、メンヘラホイホイのハッピーについてお悩みのある方は、こちらの専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

昔から気持ちが切り替えられません

もう1年以上経ちます
妊娠後期に上司に怒鳴り付けられました

1年以上経っても忘れられずグチグチしていたため、会社とこじれて辞めるはめになってしまいました
自分が情けないです

当時同情的だった人達も、もうどうしていいか分からず今更どうにもできずで私に呆れてたのだと思います
以前、相談者さんへのスイスイさんの回答で「相手の気持ちを想像できていない。そして自分を客観視できていない」と指摘していたのですが、まさに私がそうなんじゃないかと思い、やるせなくて何もヤル気が出ません

妊娠や出産は所詮他人事で、職場からしたら迷惑がかかることは事実
なのに当時は早く辞めることを迫られたのが我慢できず思い切り反発してしまいました
そうこうしているうちに切迫早産の診断を受け、結局勝ち取った期限まで働けなくなり見事にモンスター妊婦になってしまい、悔しいやら情けないやら、素直に辞めておけば良かったのか、いや、あんな高圧的に出られたから意地を張ってしまったんだ!となったりで、思考が整理できません

その上司のことを信頼も信用もできず、その他には良くしてくれていた上司や仲間がいたはずなのに私がしつこいばかりにそんな回りの信頼まで失って、やりたい職場から追い出されるようにして辞めました

出産前に話を聞いてくれた子持ちの元同僚には「子供のためにも忘れな。子供が生まれたら怒鳴られたこととか仕事のこととか本っ当にどうでもよくなるよ~」と言われましたが、出産後価値観がガラリと変わるようなことはなく(正直期待していました)、逆に時が経つほど上司の怒鳴り声や言われたことがリフレインしてきて夜中1人で覚醒していました
もはや狂気です

我が子は手がかからなくて夫も率先して家事育児をしてくれるので子供のせいで眠れないということはなく、産後うつを言い訳?にできる状態ではない気がします
そもそも現在は産後1年経過しています

悔しさが再び盛り上がってしまったのは、産後半年近く経ち、その上司の出世の辞令を見た時でした
その上司の出世など私にはもう関係ないはずで、もし復帰できていたとしても毎日顔を合わせることはないはずなのに、です

自分でも過敏で異常だったと思いますが許せませんでした

職場や上司とは物理的に離れていた期間に怨みが募っていった、といいますか、ただ人生がうまくいかないことを他人や社会のせいにして当たり散らすような考えをしていました

私には昔から切り替え力が足りません
何事も追ってしまいがちです
なので失恋なども相当に苦しみ、追いかけてしまって余計に傷付くはめになります

この体質、癖を治したいです
切り替え力をあげたいです
辛いことを「ま、仕方ないか」と忘れられる人になりたいです
他人にも自分にも「そんなもんか」と生きられる人になるにはどうしたらいいでしょうか
自己中な考え方も治したいです

スイスイさんはどのようにして物事を捉え、辛い出来事を忘れてきましたか?
教えて下さい

(なぁ・40歳・女・ややメンヘラ)

神よ抹消したまえ

世の中には理不尽な人間が多くいるよね。

天から優秀な審判が監視していて、そんな理不尽クソ野郎共はサッと抹消されるシステムにしてくれませんかね?と思うが、そうなると私も案件によっては速攻抹消されてたなとも思うわけで、やはり人間界で解決できるならそうしたほうがいいよね。(何の話)

今回も共感につぐ共感。私の場合もなんと同じく、最初の出産前に理不尽クソ女に怒り爆発し、出産間際ギリギリまで数ヶ月戦い続け、常にそのことで頭いっぱいだった。
それ以外にも、過去何人ものクソ共に、怒り狂い苦しんだことがあった。

だけど、今はそういった苦しみからわりと解放され、新規クソにあっても何の事件も勃発しなくなった。
ということで今回は「理不尽な相手への怒り」との付き合い方について。

血に染まった(傷つき倒したという意味で)私の経験もふまえ進めます。

クソとの歴史
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kosodateonna 怒る時、戦う時は最初からきちんとゴールを決めておかないと、ってところが目から鱗。私の場合、ゴールは決めてたけど先方にそれがきちんと伝わってなかったんだなぁ、と後悔と反省。もっと早くスイスイさんと出会えてたら…。これからに生かそ。 https://t.co/vlsKFDdWzN 1年以上前 replyretweetfavorite

nyabirins 親近感! https://t.co/8nXsR3pg2N 1年以上前 replyretweetfavorite

granat_san 本心でのゴールが違う問題は心しよう。 1年以上前 replyretweetfavorite

34colorchoice79 スイスイさん本出していただきたい。。 1年以上前 replyretweetfavorite