第1回】坂本勇人の場合(06年巨人入団)

ダイヤの原石を発見し、口説き落とし、育て上げる。プロ野球チームを陰で支えるスカウトたちの眼力と技術力と人間力は、どんな組織にも通用する知恵の宝庫だった! 今回のcakesでは、坂本勇人の才能を見抜いた大森剛氏のエピソードをご紹介。
シルエットに閃いてドラフト1位指名


 現在巨人で育成部ディレクターを務めている大森剛は、慶應義塾大学時代、東京六大学随一のスラッガーとして鳴らし、巨人にドラフト1位で入団した。しかし巨人の選手層の厚さに阻まれてレギュラーになることができず、平成12年からスカウトになった。
 彼が大事にしている言葉は「一球一瞬」「三球一振」である。打者であれば、一振りで技量を見抜き、投手であれば三球で実力を判断する、という喩えだ。

「打者はファウルでもいいから、一振りしてくれたら、打てるか打てないかがわかる。投手は三球投げれば、その中に変化球もあるし、フォームもスピードもわかる」

 青森県で行われた秋季大会だった。
 新チームになって間もないときなので、光星学院、青森山田高校などの強豪校にいい選手がいないかな、という程度で見に行った。
 光星学院に1年生でショートを守っている選手がいた。打順は1番。体は180センチを超え、体もできている。ゴロの捌き方など身のこなしもいい。それが15歳の坂本勇人だった。大森には守っている姿のシルエットが美しく映った。
 大森は言う。

「僕らは、ぱっと見て第一印象で判断するのですが、プレースタイルがカッコいいなと感じました。カッコいいというのは、野球センスがあるということです。とくに本塁打を打ったわけではないですが、魅力的に見えたのですね」

 そこから大森は坂本を追いかけるようになった。

 ひと冬越えて、2年生になったばかりの坂本は、まだ全体的に力不足という感じを拭えなかった。ところがその夏の県大会の決勝だった。青森山田高校の左腕柳田将利から、坂本はバックスクリーンに特大の本塁打を放った。柳田はこの年に千葉ロッテマリーンズにドラフト1位指名された豪腕である。
 「スカウトとして2年後楽しみな素材」というレベルが、「長距離砲としての資質もある」と評価を変えた一瞬だった。
 彼の評価がさらに高まったのは翌年の3月。光星学院は選抜大会の前に関西へ遠征に行き、報徳学園高校とオープン戦を行った。そこで坂本は2本の本塁打を放ったのだ。

 選抜では一回戦で敗退した。当然この場で、12球団の全スカウトは坂本を見たが、彼は大活躍をしていなかったので、評価は賛否両論に分かれた。「ああいう腰の高い選手は伸びない」「打撃も特徴が無いからプロではきついんじゃないか」という意見が多かったという。巨人の中でも評価は半分に分かれた。

 だが大森だけは、彼はトップクラスの選手だと信じて疑わなかった。

 なぜ確信を持てたのか。坂本は2年生の春から4番を打っていたが、大森はグラウンドの物陰に隠れて練習を見ていた。坂本は大森が注目していることを知らない。3年になった坂本の技量に驚いたのは、内角の打ち方だった。大森に言わせれば「インサイドアウト」に打てる技術である。
 高校生は金属バットを使うから、思い切り振れば打球は飛んでいく。だが坂本は、ティーバッティングのときにバットの振りを遅らせ、十分に引きつけてから最後は鞭をしならせるように一気に打った。これが「インサイドアウト」だが、木製バットで内角を打つには、この技術を習得しなければ飛距離は出ない。

 もう一つ大森が驚いたのは、センター、ライトへ飛ぶ打球の質だった。

「僕らの業界の言い方かもしれませんが、品のいい打球を打っていたんです。真っすぐできれいな打球です。下品な打球というのはゴルフでいうようなドライブしたり、スライスしたりするんです」

 この打球を見た時、大森はプロでも活躍できると確信を掴んだ。この頃になると他球団のスカウトも注目するようになったが、大森は願っていた。

 「もう打たないでくれ」

 トンネルのエラーでもしようものなら、「よし、よし」と心の中で拍手していた。

 それでも巨人での評価は分かれ、平成18年のドラフト会議では、巨人は1位に愛工大名電の堂上直倫を指名している。だが、3球団が競合し、巨人は抽選に外れ、坂本を指名した。
 ドラフト会議の直前まで、巨人は誰を外れ1位にするか迷っていた。原辰徳監督や球団代表、他のスカウトのいる中で、大森は自分の首をかけて、「絶対彼はプロで活躍できます」と強く主張した。その原点には、初めて彼を見たときの美しいシルエットがあった。原監督も大森の姿勢に「よし行こう」と決断。坂本の外れ1位が決まった。
 坂本は入団2年目でショートの定位置を獲り、144試合に出場した。翌年は打率.306、本塁打18を打って巨人のスターとなった。

 大森は坂本がレギュラーを獲った1年目、心配し過ぎて胃を痛め、胃カメラの検査もしたという。彼は言う。

「見る感性というのはありますね。僕は第一印象を大事にしているので、そこで行けると思ったら、次にどこが行けると判断したのか、枝葉(守備、打撃、脚力など)を分けていきます。逆に、有名な選手であっても、〝これはきついな〟と感じたら、枝葉ごとに分けて、〝やっぱり駄目だな〟と確認していました」

 大森は坂本の資質をホームランバッターだと考えている。当初は、中距離打者として活躍したが、平成22年には本塁打31本を打ち、長距離打者としての実力を発揮した。坂本の長距離打者としての資質も大森は見抜いていたことになる。
※次回は6月13日(木)に掲載いたします。

 

伝説の名スカウトたちの逸話が詰まった1冊、
6月10日発売です!


人を見抜く、
人を口説く、
人を活かす
—プロ野球スカウトの着眼点

澤宮優
[発行]角川書店[発売]角川グループホールディングス
発売日:2013/06/10
定価:820円(税5%込)

 

 

角川新書

この連載について

人を見抜く、人を口説く、人を活かす

澤宮優

ダイヤの原石を発見し、口説き落とし、育て上げる。プロ野球チームを陰で支えるスカウトたちの眼力と技術力と人間力は、どんな組織にも通用する知恵の宝庫だった! 伝説の名スカウトたちに学ぶ、口説きの奥義。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

DEJI_33Records 「無名の才能を見抜く才能」というか、いわゆる「先見の明」がある人はどんな場所でも貴重だと思うけど、巨人の坂本勇 約5年前 replyretweetfavorite

die_kuma とんでもないいい連載がはじまった……! 5年以上前 replyretweetfavorite

giants_fight 勇人dayに見つけた坂本勇人のいいお話☆ (ちょっと長いけど…(^_^;)) 5年以上前 replyretweetfavorite

kadokawaone21 本日よりcakesさんにて新連載!プロ野球スカウトの人材発掘、交渉力、育成力に迫った、澤宮優さんの新刊『 5年以上前 replyretweetfavorite