自分の人生を「残念」で片付けるおじさんにならないために 山内マリコ×田中俊之

情けなくも愛すべき「ちょいダメ」男たちを描いた、山内マリコさんの最新小説集『選んだ孤独はよい孤独』。その山内さんと、男性学を専門とする社会学者で、男の生き方変革を提言している田中俊之さんが語る後半です。果たして本当に、男性が生きやすくなる道はあるのでしょうか? 前半はこちらからどうぞ。
(写真:宇壽山貴久子)

諸悪の根源は、「恋愛結婚」にあった!

山内マリコ(以下、山内) 結婚後の男女不平等は、「恋愛結婚」が原因ってことですか!

田中俊之(以下、田中) そう、多くの人は「恋愛結婚」はひとつのワードだと思ってるけど、違いますよね。「恋愛」と「結婚」って、本来はスムーズにひとつになるはずのない言葉です。

山内 そうですよね。しかも恋愛と結婚は、わりと水と油(笑)。

田中 山内さんにお見せしようと思って取り寄せたんですけど……これ、「東京ウォーカー」という雑誌の90年代と2000年代の総集編版です。これを見たら、基本的に恋愛で男の子がリードして、女の子がリードされている図しかない。
 男の子がこういう雑誌で水族館の情報とかを仕入れて女の子を誘い、女の子の側は、じゃあお弁当でも作っていこうかなとなるわけです。告白も男の子が主導権握って、女の子はそれを待ってる。私のこと好きなのかな?と思ってドキドキできるし、駆け引きも生まれる。リードする側とケアする側に分かれるという不平等な関係は、恋愛のときは楽しみに繋がっちゃうんですよ。

山内 たしかに! 恋愛の段階だと、それがひとつの「型」になってますね。男が男らしいとときめくし、女が女らしいことをするとウケる。でも結婚してしまえば、二人はただの人間なんです……。

田中 家族社会学では、恋愛関係の時の不平等が結婚してからも継続してしまう問題は、ずっと言われてきたことなんですけど、結婚してから「不平等だ」と妻が夫に怒っても、恋愛時代の不平等なスタイルを踏襲しているだけなので、そこからの再教育って大変むずかしいんですよね。

山内 本当だ! オラオラ系との恋愛はわりと楽しいと思うけど、オラオラ系と結婚したら、それはただのモラハラ夫なわけで……。

田中 あと結婚式もダメですね。

山内 ダメですよね!!!!! 結婚式は本当にヤバい(笑)。和装の角隠しの由来とか、調べだしたら腹しか立たないです。でも、伝統的な美しさでコーティングされているから、それを疑問に思わない人も多い。

田中 「ファーストバイト」っていう、新郎新婦がケーキを食べさせあう儀式があるんですけど……

山内 あれ、最悪! 本当に本当に最悪!!!

田中 あれは、「僕が一生食べさせるよ」「私は一生美味しいご飯つくるわ」って儀式ですよ。あと、新婦だけ親に御礼を言うイベントは、「お嫁に貰われていきます」って感じでそのまま「家制度」じゃないですか。もうそんな時代じゃないのに、あの2つはいまだ人気がある演出なんですって。せめて、結婚式から修正していかなければ。

山内 私、かなり適当に結婚式を挙げたんですけど、ファーストバイトのくだりは、式場に頼んでもないのにはじまって、びっくりしました。事前の確認もなく、ケーキを運んできた熟年ウエイターが意気揚々とファーストバイトの解説をしだして、口を塞ぎたくなった(笑)。もちろんそこで、ウエディングドレスを着た状態で、「ちょっと待って! この儀式は欺瞞に満ち満ちているからやめて!」とか言える雰囲気じゃない(笑)。それだけ、稼ぎ手は男、炊事は女っていう家族モデルに、誰も疑問を持ってない証拠ですよね。ものすごーく嫌々ケーキを食べながら、この常識を打ち崩すのは難しいなと痛感しました。

「君ってエロいね」は、おやじの気遣い……だと!?

山内 私、フェミに目覚めるのが遅かった分、それ以前の感覚も憶えているんです。ファーストバイトをおかしいと思わない感覚、むしろ「素敵やん」と思ってうっとりしてる感覚も、わかるんです。男の人の男らしい部分にキュンとくる感覚も知ってるし、好きな男のタイプに「男らしい人」と答えていた自分も、確実にいたんです。
 でも、男性と暮らすようになると、相手の男らしい部分がすべて負の要素になって、自分に撥ね返ってくる。そこではじめて、こんな不平等な関係じゃダメなんだってことがわかる。

田中 もし平等な夫婦関係を築きたいんだったら、恋愛的魅力とは別に結婚相手としての魅力を構築していかないと。当たり前のことだと思われるでしょうが、夫婦が話し合えることが一番大切です。家事分担って万人向けの正解があるわけじゃないんだから、交渉の余地がある相手じゃないと、「なんで!? いままでお前は俺の世話をしてくれたのに!」となる。交渉する関係というのは平等が前提ですから、不平等なら交渉の余地がないんですよ。

山内 交渉の余地がある相手と結婚するっていうのは、本当に重要ですね。私は同棲期間も含めると、夫と7年一緒に住んでますが、完全に交渉の歴史です。最近はほのぼのしてますが、初期の交渉は熾烈を極めました(笑)。今思うと、最初に2年同棲したことがよかったかも。家賃も生活費も折半で、経済的にフェアだから、自分にも物申す権利がある。それで、人間として平等に生活しましょうっていう主張ができた。「そっちももっと家事やりなよ」っていう、春闘を起こせた(笑)。
 でも、最初から結婚として生活がスタートして、経済面はすべて旦那さんに支えられていたら、負い目があって主張はできなかったと思うんです。オーソドックスな男女の役割を演じる中で、自分個人の本音を出すのって、かなりハードルが高い。

田中 はい、だから恋愛結婚は、大きな問題なんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

選んだ孤独はよい孤独

山内 マリコ
河出書房新社
2018-05-22

この連載について

初回を読む
君たちが生きづらいのは、決して女のせいじゃない

山内マリコ

デビューからこれまで、等身大の女性のリアルを描き、女性読者の絶大な共感を得てきた作家・山内マリコさん。そんな山内さんが一転、最新刊『選んだ孤独はよい孤独』で描くのは、情けなくも愛すべきちょいダメ男たちの物語。女性の味方・山内さんが、男...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

oqr_ この対談良かった…! 結婚式のさまざまな演出、誰かのをみるのは素敵と思うのに、どうしても自分でやるのが有り得ない全私が首ちぎれるくらい頷いた https://t.co/iTHz4pvzDq 1年以上前 replyretweetfavorite

yukipin @tomo0905 https://t.co/mBwk2rWl6w 友達が言ってたのはこの生地の感じ! 1年以上前 replyretweetfavorite

us_atamago 自分の人生を「残念」で片付けるおじさんにならないために|山内マリコ @maricofff |君たちが生きづらいのは、決して女のせいじゃない https://t.co/kBpZodREmc でも、男性と暮らすようになると相手の男らしい部分がすべて負の要素になって自分に撥ね返ってくる 1年以上前 replyretweetfavorite

YuhkaUno 定年退職した男性へのインタビュー "全員に「40年間働いてどうでした?」と同じ質問をしたのですが、みんな「あっという間だった」って言うんですよ。""人生を一言で表すと「残念」だって。" 1年以上前 replyretweetfavorite