結局自分は使い捨て? 

「自分は使い捨ての人材なんだ」……。会社員の方の中にはふとそんなことを思う方もいるかもしれません。でも、それは自ら自分の価値を下げているようなものではないでしょうか。書籍『会社・仕事・人間関係 「もう、何もかもしんどい」と疲れ果てたときに読む本』より、限界になる前に自分を守る方法を紹介します。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
会社・仕事・人間関係 「もう、何もかもしんどい…」と疲れ果てたときに読む本

黒川依 /石原加受子

「仕事が嫌だ」「人間関係がきつい」「やる気も失せた」……。しんどい時期は、頑張ろうと思うほど、気持ちも体も動けなくなってしまいます。でも、その「頑張ろう」と思う気持ちが、かえって自分を疲れさせてはいないでしょうか? 累計100万部のベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikeda_seitaro いい記事だと思う。現代において、働くという行為は双方向なもので、労働者の側が一方的に隷属するようなものじゃない。あと、ことばの力はバカにできない。ネガティブな言葉は自己暗示として無意識に影響する。 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite