ファクトリーには見たこともない世界が広がっていた

【管理人の夢⑧】
夢工場の中で案内された「ファクトリー」。ここで夢の要素が加工され、人々に出荷されているという。興味深くその様子を見ていると、彼は、意外なことを聞いてきた……
<WEAVERの河邊徹がドラムスティックからペンに持ち替えて描いた作家デビュー作!>

イラスト:堀越ジェシーありさ



「知ってますよ」

 どうして……と聞こうと思ったけれど、夢の住人なら、何でもありかも。

「もし、その仕組みについて興味がおありなら、工場を見学していきますか?」

「見学できるんですか?」

 おじさんは無言で頷き、私が入って来た扉とは逆側にある扉を見た。

「ついて来てください。『ファクトリー』を見せます」

 私は歩き出したおじさんの後ろをついていく。逆側の扉の向こうは、数メートルの短い廊下があった。おじさんの後ろについて廊下を抜けると、そこには体育館のような空間が広がっていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
夢工場ラムレス

河邉徹

WEAVERのドラマー・河邊徹の作家デビュー作。バンドで作詞を担当してきた河邊の 〝言葉の世界〟をドラムスティックからペンに持ち替え、描いた「夢」をテーマにした長編作。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません